Voici la preuve que le boom de l'IA est réel : de plus en plus de personnes utilisent ChatGPT au travail

「職場での ChatGPT の人気の高まりは、AI の台頭を裏付けています。」

2022 年 11 月の発表以来、ChatGPT は科学分野、ビジネス分野、メディアの世界に及ぶ多くの世界の注目を集めてきました。このテクノロジーは、私たちの仕事のやり方、企業の組織構造、そしてさらに広く言えば社会の軌道そのものに革命をもたらすと約束されているため、このテクノロジーの魅力は衰えていないようです。

しかし、人工知能が過剰に宣伝され、あるいは過剰に販売されていると主張し、これらの将来予測に依然として懐疑的な人もいます。ゲイリー・マーカスのような批判的な声は、現在の熱狂が顕著に鈍化する可能性があることを指摘せずにはいられません。この分断された世界は、AI の可能性と限界についてのさまざまな視点を明確に反映しています。

最近、ピュー研究所は、米国における ChatGPT の認識に関する新しいデータを提供する調査結果を発表し、一般大衆の間でのテクノロジーの馴染みと使用についての洞察を提供しました。 2月初めにサンプルを調査した結果、この研究は微妙な現実を明らかにした。アメリカ人の 3 分の 1 は ChatGPT について聞いたことがなく、使用したことがあるのは 4 分の 1 未満ですが、この AI への関心は高まるばかりであることは否定できません。そのため、娯楽や知識を広げるために ChatGPT を使用する人もいますが、アメリカ成人の 20% はすでに職業生活に ChatGPT を導入しており、このテクノロジーの商業利用が大幅に増加しています。

ビジネス アプリケーションへの ChatGPT の導入におけるこの飛躍は、AI の変革の可能性を示していますが、これはほんの始まりにすぎません。 ChatGPT の作成者である OpenAI の取り組みと、会話型人工知能の最適化における Microsoft や Google などのテクノロジー大手の関与の間で、人間と AI のコラボレーションは強化に終わりを迎えていません。言語モデルは改善され続けており、私たちの働き方に大きな進歩をもたらしています。

現在の現象を、ビジネスの世界でのスプレッドシートの出現と採用と比較すると、明確な類似点が得られます。 1978 年にダン ブリックリンとボブ フランクストンによって発明されたスプレッドシートは、標準になるずっと前にビジネス業界に革命をもたらしました。今日、Sierra のような革新的な AI 企業は、同様に破壊的な役割を果たすことを目指しており、多数のプロセスや業界に参入しています。

その応用と影響に関する現在の議論を超えて、ChatGPT が示す AI の進化は、技術革新の継続的なダイナミックさを証明しています。先進テクノロジーと人間の相互作用における進行中の革命は、私たちの職業的および個人的な未来を形作り続けています。そこに込められた予測や希望はさまざまかもしれませんが、1 つ確かなことは、人工知能が私たちの現実の輪郭を描き直しているということです。

A lire également  高度な言語モデルの新たなスキル: 幻想