Légolas

『ロード・オブ・ザ・リング』のレゴラスがなぜ雪に沈まないのか、私は再び議論しましたが、今回は準備ができていました。

作家 J・R・R・トールキン 彼の優れた作品が、Amazon で 2 つの素晴らしい映画三部作とシリーズを生み出したことを、彼は決して知ることはありません: ロード・オブ・ザ・リング、 ホビット そして、後の2つの作品は多くのファンにとって最初のものほど素晴らしいものではありませんが、リング・オブ・パワー。私たちは最近この議論について話し合いました。今日は、より具体的なトピックがあります。

最近また映画を見始めました。 ロード・オブ・ザ・リング はい ホビット 私は通常、これを数か月ごとに行います。私が各三部作を年に3〜4回観ているとしましょう。毎回、一緒にでも一人でも誰かにもう一度見てもらい、記憶の新しい人にコメントしてもらうようにしています。

先週の土曜日の朝、6時間のセッションの後 Expeditions: MudRunner ゲーム また見たよ リングの仲間たち 細長いバージョンで、ピスタチオと種子をよく混ぜたボウルが入っています。私は友人にそれを見るよう説得し、一週間を通してさまざまな側面について話し合いました。 「どうして矢を射る者(レゴラス)が雪に沈まず、他の者たちが死にそうになったのか、いまだに理解できません」と彼は天才性を爆発させて私に語った。

レゴラス、スノウ、その他の超人的な狂気

ファンの皆様 ロード・オブ・ザ・リング 彼らはこの議論をし、指輪の仲間たちがカラドラス峠を越えようとするときに、なぜ我らの主レゴラスことグリーンリーフが雪に沈まないのかを誰かに説明しなければならなかった。サルマンが彼らの上に山を落としそうになり、彼らに壮大なモリア鉱山を通過させたことを思い出してください。私たちは皆、この決定の結果を知っています。


レゴラス

私は彼の代わりにいました。私も分からない時期がありました。答えを知っているかどうかに関係なく、私はこの投稿を読んでいる皆さんに今説明しているのと同じ方法で彼にそれを説明しました。 JRR トールキン自身による証言や説明を含むトールキンゲートウェイの情報によると、その理由は彼のエルフの性質に関係しています。

彼は苗木と同じくらい背が高く、機敏で、非常に強く、すぐに偉大な軍弓を引き、ナズグールを倒すことができ、エルフの体の恐るべき生命力に恵まれ、非常に丈夫で損傷に強いため、「軽い靴」でしか歩くことができませんでした。岩の上でも雪の上でも、コミュニティ全体の中で最も疲れ知らずです。

トールキンは映画でレゴラスをこのように描写しています。 失われた物語の本、パート 2 (327ページ)。エルフはその敏捷性、軽さ、強さ、反射神経、そして超人的な感覚で知られており、私たちのグリーンリーフはエルフの中でも例外的な存在です。彼の驚異的なバランスにより、歩く、走る、その他の動作時に体重を完璧に分散することができ、本来の能力を最大限に活用できます。

彼のエルフの性質は、なぜ彼が雪の中に沈まないのかを説明するのに十分なだけでなく、映画の中で見られる他の動きを正当化するのにも十分です:全速力で走る馬に乗ったり(二つの塔)、上り下りしたり素早く。オリファントを降り(王の帰還)、崩れ落ちた塔の瓦礫を飛び越えます(五軍の戦い)。

ファンは、この理論を裏付ける非常に重要な事実、つまりレゴラスの服装と装備を追​​加しました。彼は、彼の自然な能力をできるだけ妨げないように、常に布製の衣服とブーツを含む革製のストラップを身に着けています。武器に関しては、木製の弓矢とナイフが最も一般的です。雪の中で運ぶ最も重い物は矢じりとナイフの柄だというのが意見の一致です。彼を沈めるものは何もありませんでした。

との唯一の違いは、 五軍の戦い それはエルフの剣ですが、エルフによって鍛造された武器は非常に軽く、レゴラスが構造物の隣に落ちないように有名な操作を行うまで、それは敵に刺さったままだったことがまだわかっています。

これは、レゴラスがなぜこれほどまでにあらゆることを行うことができるのかを非常に凝縮した説明です。 ロード・オブ・ザ・リング のように ホビット 。彼は非常に強力で並外れたキャラクターですが、ギムリにとってそれが問題になったことはありません。たとえ彼がとても反対していたとしても、ドワーフはいつも彼と競争しようとしました。彼らは力を合わせて完璧なチームを作り上げました。トールキンの作品のファンで、より具体的な情報をお持ちの場合は、コメントで共有してください。

A lire également  私たちはウォーゾーンのずっと前から強制収容所にいて、それは『Call of Duty: Modern Warfare 2』で最も壮大なミッションの 1 つでした。