Une pièce

これは、ワンピースの作者とムギワラ一味の最初のスケッチでした。

25年以上の歴史を経て、麦わらの一味のメンバーはアニメ業界の生ける伝説となっています。ワンピースに詳しい人なら、たとえファンでなくても、それぞれのキャラクターを簡単に認識できるでしょうが、中には大きく異なるキャラクターもいます。

2010 年 11 月に発売された『ワンピース グリーン: シークレット ピース』という本のおかげで、私たちはそのスケッチを見ることができました。 尾田栄一郎 偉大なる航路に沿って冒険するルフィの仲間のために作られました。最初の章のリリースとほとんど変わらないものもあれば、非常に異なっていたり、存在しなかったりするものもあります。

以下に提供する画像では、ルフィ、ナミ、ゾロ、サンジがこれが始まってからほとんど変わっていないことがわかります。 ワンピース 。しかし、チョッパーは、より本物のトナカイに似た、より「人間」の体を持つ予定でした。


フエンテ:ワンピースグリーン

一方、フランキーは、尾田が著作の中でフランキーを「船大工」と呼んでいたため、当初は左側のキャラクターに似た外観を持つことを意図していました。魚人のコンセプトが常に存在していたジンベエも見られますが、彼の外観ははるかにシンプルでした。

考慮すべきもう1つの詳細は、ルフィの後ろに見えるウソップと思われる人物です。なぜ「推定」と言うのでしょうか?確かに、彼はいくつかのデザイン上の特徴を共有していますが、彼の外見は黒ひげのものによりよく似ており、銃撃はそのデザインから来た可能性があることを示唆しています。ブルックは多かれ少なかれ、骸骨のような外見を保っています。

最後になりますが、重要なこととして、当初はロビンを含める計画はなかったということを述べておきます。代わりに、かつてドニャ・ドミンゴだったものを作成するために尾田が放棄した可能性のある、これまでに見たことのないキャラクターを見ることができました。幸いなことに、あまり目立たないデザインは改善されました。これと同じくらい重要な作品について、作者が最初に何を念頭に置いていたのかを知るのはいつも興味深いことです。 ワンピース

A lire également  マリオとそのキャラクターがゼルダの伝説ビデオゲームに登場するたびに