La perte de la voiture électrique d'Apple pourrait être un gain pour la robotique domestique

アップルの電気自動車プロジェクトの放棄は、国内のロボット工学に利益をもたらす可能性がある。

電気自動車の世界を征服するというアップルの夢は終わったかもしれないが、同社は意気消沈していない。同社の主力テクノロジーである Vision Pro は、成功の可能性が低いと思われる場合でも、同社が常に限界を押し上げる意欲を示しています。現在、Apple は家庭用ロボットという別の危険な賭けに取り組んでいます。

しかし、家庭用ロボットは征服が難しい市場です。現在までの本当の成功例は、22 年前に初めて導入されたロボット掃除機だけです。それ以来、この成功を繰り返そうとする企業の努力にもかかわらず、現実は現在に至るまでロボット掃除機が国内ロボットの覇権をめぐる企業の戦いの先鋒であり続けている。

それにもかかわらず、Appleはこの分野に可能性を見出しているようだ。 同社は家庭用ロボットなど、難しいことで知られる分野の制覇を目指す。 では、家庭用ロボットの分野を征服するのがこれほど難しいのはなぜでしょうか?

ロボット掃除機は、特定のタスクを反復的かつ効率的に実行するため、視聴者を獲得しています。一方、家庭用ロボットの場合、状況はより複雑です。消費者はより多くの機能を期待しています。つまり、ハードウェアは関節式アームなど、より最先端である必要があります。ただし、このタイプのハードウェアは、産業用ロボットの専門家にとっても実装が困難です。

家事を妨げる主な障害は航海です。倉庫や工場とは異なり、住宅は変化し、変化しやすい環境であるため、理解することがより困難です。これは国内ロボット市場への参入を困難にする課題です。

こうした課題にもかかわらず、ベイエリアの資金提供を受けた新興企業マティックを含む一部の企業は、変化をもたらすことができると信じている。彼らは、ロボットのサイズを大きくすると視力が向上し、したがってさまざまなタスクを実行する能力が向上すると考えています。さらに、彼らはロボットを、ますます多くの家事を実行できる開発プラットフォームとして見ています。

Apple にとって最後のハードルはコストかもしれない。おそらく市場で最も先進的な家庭用ロボットである Hello Robot のストレッチのようなロボットの価格は、ほぼ 25,000 ドルです。このようなロボットの法外なコストは、より広範な消費者市場の獲得を目指すアップルのような企業にとって問題となる可能性がある。

こうした状況にもかかわらず、Apple は革新を続け、可能性の限界を押し広げていく決意をしているようです。もしかしたら、近いうちに私たちの家に新しい Apple 製品、つまりホームロボットが登場するかもしれません。

A lire également  Calmara は、性器の画像から性感染症を検出することを提案していますが、これは危険な概念です。