Les employés de l'Apple Store affirment que leurs collègues ont été sanctionnés pour avoir soutenu les Palestiniens

アップルストアの従業員、パレスチナ人支援に対する制裁を明らかに

世界のテクノロジー業界に響く注目すべき動員の中で、Apples4Ceasefireとして知られるApple従業員と元従業員のグループが、米国企業内での差別的とみなされる慣行を非難するために声を上げた。後者は、職場でピンやブレスレット、さらにはパレスチナの大義の象徴として認められているクーフィーヤなどのアクセサリーを身に着けることで、職場でパレスチナ人への支持を示したために制裁を受け、さらには**解雇**された同僚の事例を強調している。

この抗議運動は、リンカーンパークのアップルストア前で**シカゴで計画されたデモ**の発表で最高潮に達し、自分たちの声を届けようとする従業員の決意を示しました。この憤りの波の引き金となったのは、パレスチナ支持を表明する服装をしたとして解雇されたとされる同店のパレスチナ人従業員の事件だったようで、この状況は米国のパレスチナメディアによるポッドキャストで暴露され議論された。

Apple の CEO、**ティム・クック**に宛てた公開書簡は、最近のイスラエルとハマスの攻撃を背景に同社がとった立場を思い出させ、クック氏はイスラエルの犠牲者への同情を表明した。書簡の著者らは、**「無実のパレスチナ人に対する150日以上の暴力」**にもかかわらず、パレスチナ人の犠牲者に対して同様のアプローチがなかったことを遺憾にしている。

この動きは、テクノロジー大手企業内の対立というより広範な状況の一部であり、そこでは従業員が雇用主に対してパレスチナの大義に対する認識と支援の拡大を要求している。この勧告はAppleの国境を越えてGoogleに伝わり、3月には600人以上の従業員がニューヨークで開催されたイスラエルのテクノロジーカンファレンスへの資金提供に抗議し、ニンバスプロジェクトを通じた検索大手とイスラエル政府との提携に倫理的な疑問が生じた。

Apple でこのキャンペーンの主要な技術関係者である **Tariq Ra’ouf** 氏は、この書簡の署名者の大多数は同社の小売部門に属しており、重要な代表者はさまざまな職責や地域から来ていると指摘しています。 Apples4Ceasefire 連合は、地球の四隅から現役従業員と退職従業員の声を結集しており、彼らが擁護する大義の普遍的な重要性を示す紛れもない兆候です。

ラウフ氏は、世界を改善する取り組みを定期的に宣伝しているアップル社にとって、この歴史的な機会に言葉を行動に移すまたとない機会であると強調する。

Apples4Ceasefire イニシアチブとそれに先立つ出来事は、複雑な政治的および人間的文脈における企業の社会的責任について重大な問題を提起し、正義と「公平性」を追求する集団の声の力を改めて実証しました。

A lire également  TikTok Shopにおける巨大補助金時代の終焉