Shingeki 01

アニメ「進撃の巨人」の結末は、諫山創が漫画での結末に納得できなかったため、最も重要なシーンの一つが変更された。

10年後 進撃の巨人 彼のリリース後、今週末に終了しました 力強い最後の章 1時間以上。当時この漫画で起こったように、誰もが無関心になる結末だったが、作者の諫山創は初公開の数日前に次のように保証した。 サプライズを用意していましたこれは、これにより最後のシーンに重大な変更が導入されるか、あるいは終了方法がもう少し延長される可能性があることを示唆しています。

しかし、最終的にはどちらでもありませんでした。加えられた変更はもう少し微妙なもので、最も重要なシーケンスの 1 つに関連していました。当然のことながら、これは次のことを意味します ここから読み続けるとネタバレに遭遇します。 の終わりにリンクされています タイタンズを攻撃する

伊佐山さん自身がインタビューに答えた ニューヨークタイムズ その中で彼は、最初からこのエピソードに参加したかったのは、エレンとアルミンの会話の中で最も重要な会話の1つを変更したかったからであるとコメントしました。より正確には、最初の人物は世界人口の80%を消滅させた理由を認め、ミカサと幸せに暮らしたかったと認めています。

漫画では、エレンが起こったことすべてに対して大きな罪悪感を抱いているのを見ることができ、彼の意図は悪役であり続けることであり、それによって友人が彼を殺し、それによって残りの世界では英雄とみなされ、それが役立つことになると説明しています世界中の軍隊が再びパラダイス島を攻撃するのを防ぐためです。すべてにもかかわらず、二人の登場人物が維持するこの会話の調子は、 彼は伊佐山を説得しなかった

これが、アルミンも有罪であると主張しており、最終的には両方ともそこに行くことに疑いの余地がないため、アニメでは、起こったすべての責任がエレンだけであるとはみなされないようにいくつかの文章が変更された理由です。死んだら地獄。したがって、シーンは次のように変更されました。 虐殺の重荷が双方の肩にのしかかる :

アルミンが正義とかのためにエレンを突き飛ばそうとしているとは思えませんでした。むしろ、ある意味、共通の責任を負いたかったのです。彼は共犯者になりたかった。これを行うには、アルミンはこれらの罪を自分自身で負うことができるように、非常に強い言葉を使うようにしなければなりませんでした。そしてそれがその背後にある意図でした。

それでも、諌山氏は、物議を醸した漫画の終わり方を後悔しているとずっと前に認めていたので、結末を変えられたらよかったと思っているという。しかし、 彼は最初に考えていたアイデアとつながっていると感じた 彼がマンガの第1号を出版した最初の瞬間から。

実は、エレンの状況は、私自身のこの漫画の歴史と重なる部分があるのです。このシリーズを始めたとき、打ち切りになるのではないかと心配していました。誰も知らない作品でした。しかし、私はすでに結末を念頭に置いて物語を始めていました。そして、その物語は最終的に信じられないほど多くの人に読まれ、見られることになり、それが私に大きな力を与えてくれましたが、それは私には完全には満足できませんでした。

結末を変えれば良かったのに。マンガを書くことは解放的なことであるはずだ。でも完全無料だったら結末も変えられるはずだった。それを変えて、別の方向に進みたいと言うことができたはずです。しかし実際には、それは彼が若い頃に最初に想像していたものと関連していたということです。それで、エレンの巨大な力が最終的に彼を制限したのと同じように、漫画は私にとって非常に制限的な芸術形式になりました。

アニメはすでに終了しており、ユミルが入った木に似た木を少年が見つけて物語全体が生まれたシーンによって、続編の可能性への扉が開かれた結末となっているが、これだけは未来が保証されているの 進撃の巨人 来年4月に18ページの記事が掲載され、その記事は完全にリーヴァイに捧げられるということだ。

A lire également  壮大な戦いを予感させる残忍なトレーラーをお見逃しなく