インクパッドで書類を素早く認証

インクパッドは、専門家と個人の両方が一般的に使用するツールです。紙、繊維などのさまざまな支持体にマークを付けるために使用されます。書類上のインクスタンプの跡は簡単ではありません。訴訟の際に法的価値を持つ保証の証拠です。

ロゴや日付などをスタンプで刻印

のために インクパッドは慎重に選んでください、どのように使用したいのかを明確に理解する必要があります。カスタマイズ可能なモデルも最も興味深いものです。確かに、 パーソナライズされたインクスタンプ 選択したテキストを指定できます。通常のプロフェッショナルモデルと比べて、よりオリジナリティを出すことができます。多くの場合、最も一般的なビジネス用インクパッドは日付スタンプです。ただし、ロゴをプロ仕様のインクスタンプの形で使用することも可能です。通常、このインク スタンプ モデルでは、会社に関するその他の重要な情報をロゴに追加できます。これらには、名前、連絡先、登録番号、住所などが含まれます。

このタイプのインクパッドを使用すると、時間を大幅に節約できます。ボックス内のさまざまな書類のヘッダーとして貼り付けることができます。次のような場合にも役立ちます。 ビジネス小切手に署名する およびその他の管理および会計書類。プロのインク スタンプには、日付やロゴに加えて、文書に正確なメッセージを伝える可能性のあるあらゆる種類のテキストを含めることができます。

スタンプ台、朱肉

インクパッドのブランドはより信頼性を提供します

インクスタンプでマークされた文書は体系的に信頼性が高くなります。プロの印鑑は会社の正式な印鑑です。何らかの文書(請求書、契約書、見積書など)を作成するとき、 社印を押してください、よりプロフェッショナルな外観になります。受け取る側は当然それをより重視します。商取引では、社印が押された認証文書によって取引の同意が得られます。したがって、当事者間で紛争が生じた場合には、印鑑印が証拠となります。印鑑ブランドは企業とパートナーとの信頼関係も生み出します。

同様に、インクパッドを使用すると、会社の管理書類を整理するのが簡単になります。すべての書類の入力日と終了日を正確に把握できます。これにより、自分のアクティビティをより適切に監視できるようになり、 すべての取引を追跡する。最後に、会社情報を記載したパーソナライズされたインクスタンプは、強力なコミュニケーション ツールです。それは必然的にブランドイメージの向上に役立ちます。

インクパッドにはいくつかの形状があります

インクパッドはさまざまな形式で作成できるため、あらゆる用途に適しているという利点があります。長方形と正方形のインクパッド、丸スタンプ、楕円スタンプの主に 4 つがあります。サイズに関しては、小判インクパッドと大判インクパッドがあります。実は切手の寸法は決まっています そこに書かれるメッセージに応じて。おわかりのように、インク スタンプのサイズを選択する前に、まずテキストを明示的に定義する必要があります。

したがって、インク パッドは、遊牧的な使用 (ポケット スタンプ) または専ら静的な使用 (オフィス スタンプ) に適しています。最後に、手動および自動のインク パッドがあります。前者は伝統的に木製で、独特のインク壺が付いています。 2 つ目は、インク パッドが統合された Trodat インク パッドです。

A lire également  オンライン マーケティング戦略を改善するための 10 のヒント