La « guerre civile » n'est pas encore sortie, mais Internet est déjà en guerre contre elle

ウェブ上ではすでに来るべき「内戦」を巡って炎上している

アートと抗議が出会う世界において、アレックス・ガーランドの最新作『シビル・ウォー』は、SXSW でのワールドプレミアで目覚ましいデビューを飾り、批評家からの賞賛の波を巻き起こしました。それほど遠くない将来の第二次アメリカ内戦を舞台にしたこの映画作品は、キルスティン・ダンスト、ワーグナー・モウラ、カイリー・スペイニー、スティーヴン・マッキンリー・ヘンダーソンが見事に演じた4人のジャーナリストの旅を追うよう私たちを誘います。紛争で引き裂かれた国の中心部で、ニック・オファーマンが見事に演じた大統領への独占インタビューの探求。

『シビル・ウォー』では、物語の力は映画の偉業や描かれるディストピアの文脈だけではなく、**ジャーナリズムの力**の独創的な探求にあります。複雑で分裂した政治的背景を背景に、この映画は、特に社会政治的混乱の瞬間において、この第 4 の権力の決定的な重要性を痛烈に反映しています。

アクションと深い考察が融合したこの**魅力的なプロット**は、4月12日に予定されている正式な劇場公開のかなり前に、観客の間やソーシャルネットワーク上で激しい議論を巻き起こしました。この意見の相違は、ガーランドがその芸術を通じて、私たち自身の偏見と、私たちの時代を特徴づける政治的分裂の増大についての反省を意図的に引き起こそうとした可能性があることを示唆しています。

選挙の年に内戦を中心とした映画を公開するという選択と、監督が主張した非政治的な立場は、さまざまな反応を引き起こした。これを驚くべき大胆さだと見る人もいるし、「双方が悪い」と主張するのは過度に単純化していると見る人もいる。どのような解釈であっても、「シビル・ウォー」に無関心な人がいないことは明らかです。

ガーランド自身も、発言を通じて、自身が始めた議論を受け入れる用意ができているようで、自身の作品が分裂を引き起こす可能性を認識しているが、現在の政治的分裂をめぐる議論を引き起こしたいという願望を強調している。自らの立場をとらないための意図的な策略と受け止めるものに強く反応する人もいるが、この中立性が実際には「南北戦争」の真のメッセージ、つまり「他者」の二極化と悪魔化に内在する危険性であることが判明する。

劇場公開が近づくにつれ、観客はガーランドが始めた会話に参加するのか、それとも建設的な対話ができないほど溝が深すぎるのか、という疑問が残る。時間とおそらく興行収入だけがそれを教えてくれるでしょう。いずれにせよ、「シビル・ウォー」は単なるエンターテイメント以上のものになることを約束します。それは私たちの時代を映す鏡となり、分断された社会における緊張と和解の可能性を反映する運命にあるようです。

A lire également  「WLY* REMISEREDUC.FR」の口座引き落としはどこから来ているのでしょうか?また、どうすれば停止できるのでしょうか?