trading cfd

コモディティ市場への投資: 投資家が掴むチャンス?

数多くの証券会社の出現により、株式市場の投機はわずか数年ではるかにアクセスしやすくなりました。これらのブローカーは、誰もがさまざまな資産やデリバティブ商品にアクセスできるようにするために全力を尽くしています。しかし、利用可能なあらゆる選択肢にもかかわらず、コモディティに投資する人はほとんどいません。これをどう説明すればいいでしょうか?これが私たちがこれから発見することです。

原材料とは何ですか?

原材料とは、製品の製造に不可欠な天然資源に相当します。現在までに、原材料には次の 3 つの主な種類があります。

  • 農産物(小麦、トウモロコシ、大豆など)。
  • 金属(銅、錫、金、銀など)。
  • エネルギー源 (ガス、石油など)。

もちろん、これらの製品はメーカーからも特に人気があります。ただし、個人や投資銀行が興味を示す可能性はあります。ほとんどの金融機関にとって、商品市場の運営は資産を多様化し、リスクを最適に管理するために不可欠です。

それでも、原材料は 2 つのグループに分類されます。

  • いわゆる「ハード」資産には、トレーダーに非常に人気のある資産である貴金属(金、銀)や石油が含まれます。
  • いわゆる「ソフト」商品。主に農産物で、投資家にとってはあまり関心を抱かないものの、その取引量には多くの人が驚く可能性があります。

原材料市場はどのように機能しますか?

原材料は、小麦、トウモロコシ、米の場合は CBOT、金と銀の場合は COMEX、銅や錫の場合は LME など、専用の金融市場で取引されます。後者の存在にもかかわらず、原材料市場は部分的にしか規制されていません。買い手と売り手は、特定の契約を締結することで取引条件を自由に定義します。これが、個人がこの市場で地位を確立することが難しい理由です。

売買条件に関係なく、近年、世界的な商品価格が高騰しています。各資産の価値は、市場の需要、気象条件、ほとんどの生産者が所在する国の経済状況など、複数の要因によって決まります。

2021 年後半、世界中の事業者は原材料価格の高騰を懸念しています。この価格上昇は新型コロナウイルス感染症後の経済回復につながるだろう。健康状態は改善傾向にあるため、活動が再開され、需要も増加しています。しかし、パンデミックと気候変動は多くの分野に大きな影響を及ぼしており、現在まで供給が需要に応えるのに苦労しています。

買い手にとって、先物市場は原材料のコストを管理する唯一の解決策です。将来の配送を数か月前に確保することで、事業者は価格高騰から身を守ることができます。さらに、通貨の影響からも身を守ることができます。ただし、価格が暴落すると負けてしまいます。

商品を取引するにはどうすればよいですか?

これらすべての情報を考慮すると、原材料市場は個人が完全にアクセスできるわけではないことは言うまでもありません。実際、それは規制が不十分で不透明な市場であり、機関投資家が最高位に君臨しています。さらに、それは物理的な資産の購入の問題です。タイトルを再販できない場合は、購入した大量のコーヒーを受け取り、保管する必要があります。

ただし、これらの欠点を回避しながら原材料を取引するための解決策があることに注意してください。これを行うには、適切な金融商品を利用するだけです。

CFD (差金取引) は、商品市場での取引に最適なオプションのようです。この商品はほとんどのオンライン ブローカーから入手でき、選択した資産の特定数量の購入または売却をシミュレートできます。

CFD取引とは、資産価格の上昇または下降に賭けることを意味します。ポジションをオープンするときに時間枠を選択します。これがクローズされると、エントリー価格とエグジット価格の差が得られるか失われることになります。また、このソリューションは、投資額が最終的に収益にほとんど影響を与えないため、大きな活用効果をもたらします。

注意します : CFD取引には損失のリスクが伴います。このタイプの楽器が自分に適しているかどうかを慎重に検討してください。過去の実績は将来の結果を表すものではありません。このウェブサイトの記事とコンテンツは娯楽のみを目的としており、投資の推奨やアドバイスを構成するものではありません。

A lire également  ADA: 将来有望な仮想通貨、カルダノについてすべてを知る