サイバーセキュリティの学位を取得すると、どのようなキャリアが期待できますか?

サイバーセキュリティの分野は急成長しています。サイバー攻撃が日々増加し続ける中、組織内でこの分野のプロフェッショナルの需要が高まっています。このように、今日では雇用の機会が無限にあるため、サイバーセキュリティの学位を取得していることは有益です。そのような卒業証書を取得すると、どのようなキャリアの見通しが得られますか?

サイバーセキュリティ業界の概要

そこには サイバーセキュリティ は世界中の企業や政府にとって大きな問題となっています。経済と社会のデジタル化が進む中、データ保護は組織にとって最優先事項となっています。

したがって、サイバーセキュリティは成長分野です。これには、ネットワーク、データ、システムをオンライン攻撃や脅威から保護するなど、IT セキュリティのあらゆる側面が含まれます。サイバーセキュリティは、IT プロフェッショナルに刺激的なキャリアの可能性をもたらします。

ITセキュリティアナリスト

L’ITセキュリティアナリスト ビジネスにおいて非常に重要な役割を果たします。セキュリティの脅威を検出するためにコンピュータ システムを監視および分析する責任があります。システムの脆弱性を評価し、データを分析し、システムのセキュリティを強化するための推奨事項を提供します。

IT セキュリティ アナリストは通常​​、多くの機密データを保護する必要がある企業で働いています。このポジションにアクセスするには、次のことが重要です サイバーセキュリティ学校で訓練する を得るために 現場で求められるスキル

セキュリティエンジニアは

コンピュータ システム、アプリケーション、ネットワークを保護するには、 セキュリティエンジニア ソリューションの設計と開発に最適な場所です。彼らは、セキュリティ対策の実装、脆弱性の特定、およびサイバー攻撃のリスクを軽減するためのセキュリティ制御の実装に取り​​組んでいます。

サイバーセキュリティトレーニング

ITセキュリティコンサルタント

コンサルタント 企業が IT セキュリティ リスクを評価および管理できるようにします。彼はさまざまな企業で働いており、セキュリティ システムの設計と実装、およびセキュリティ意識の向上に携わっている可能性があります。

コンプライアンス担当者

コンプライアンス担当者 企業が IT セキュリティ法および規制を遵守することを保証する責任があります。彼らは企業の従業員と緊密に連携して、IT セキュリティ ポリシーと手順の実装を支援します。コンプライアンス担当者は、情報セキュリティ リスクの管理にも関与する場合があります。

利用可能なさまざまな種類のサイバーセキュリティ学位

サイバーセキュリティで取得できる学位にはいくつかの種類があります。 BTS から修士号まで、サイバーセキュリティの学位を取得でき、多くのキャリアの機会が開かれます。

BTS SIO(組織向けITサービス)

Bac+2 レベルのディプロマ、 防弾少年団 SIO (組織への IT サービス) は、サイバーセキュリティを含む IT キャリアについて学生を訓練します。

このトレーニングは 2 つの専門分野に分かれています。

  • SISR (インフラストラクチャ、システム、ネットワーク ソリューション)、
  • SLAM (ソフトウェア ソリューションおよびビジネス アプリケーション)。

そこには SISRの専門分野 IT インフラストラクチャ、システム、ネットワークのセットアップと維持について学生を訓練します。

SLAM 専門分野では、ソフトウェア ソリューションとビジネス アプリケーションの開発について学習者を訓練します。ビジネス ニーズを満たすアプリケーションの設計、言語でのプログラム、データベースの統合、ソフトウェアの品質の確保の方法を学びます。

コンピューターサイエンスの学位

そこには コンピューターサイエンスまたはコンピューターセキュリティの学位 BAC+3レベルのディプロマを取得しています。 ITやサイバーセキュリティに関する確かな知識を身につけることができます。このトレーニングは、学生の選択に応じて、一般的なものにすることも、専門的なものにすることもできます。

サイバーセキュリティのマスター

Bac+5レベルの卒業証書、 サイバーセキュリティの修士 ITセキュリティの専門家を育成します。このトレーニングは工学部、大学、専門学校で提供されており、学生は暗号化、ネットワーク セキュリティ、リスク管理などの分野に特化することができます。

卒業後はどうやってこの分野の仕事を見つけますか?

サイバーセキュリティの学位を取得すると、多くの組織に就職できます。仕事を探すには、オンラインで求人情報を調べることができます。 LinkedIn、Monster、Glassdoor などの専門サイトは重要な情報源です。サイバーセキュリティ分野の求人。カンファレンスや見本市などの専門的なイベントに参加することもできます。これにより、専門的なネットワークを構築することができます。

これに加えて、サイバーセキュリティを専門とする企業に直接応募することもできます。

特徴を強調した履歴書とカバーレターを必ず準備してください サイバーセキュリティのスキルと経験。面接中に質問に答え、自分のキャリアの選択を正当化できるように準備してください。粘り強く準備を進めれば、サイバーセキュリティ分野でやりがいのある仕事に就くことができます。

サイバーセキュリティの学位を持つキャリアの見込み

この分野で成功するにはどのようなスキルや資格が必要ですか?

サイバーセキュリティ分野で成功するには、特定のスキルと資格が必要です。まず、コンピュータ技術やネットワークについて深い知識を持つことが重要です。同様に、データ セキュリティに関連する主な問題を十分に理解する必要があります。サイバーセキュリティの専門家は、新たな脅威を迅速に理解し、それらに対処するための適切な対策を講じることもできなければなりません。

加えて、 暗号化スキル サイバーセキュリティの分野で実践する必要があります。機密データを保護するには、暗号化アルゴリズムを理解し、実装できなければなりません。

サイバーセキュリティの専門家として、チームの他のメンバーと効果的にコミュニケーションできなければなりません。 IT 部門、情報セキュリティ管理者、セキュリティ ソリューション プロバイダーと協力して作業する必要があります。

資格に関しては、以下がオススメです。 コンピューターサイエンスの学位を持っている。 CISSP (Certified Information Systems Security Professional) や CISM (Certified Information Security Manager) などの有名な認定資格も必要です。これらは、サイバーセキュリティ分野のスキルと知識を習得していることを証明します。責任ある地位へのアクセスを容易にすることができます。

A lire également  デジタルマーケティング関連の仕事を探しています