definition

ディダスカリア: 定義

Didascalia は、舞台芸術においてスピーチを表現する芸術です。また、演劇テキストの舞台演出に付随するテキストも指定します。したがって、ディダスカリアは文学的でもあり、ドキュメンタリー的でもあります。演劇では、監督や俳優が舞台上でどのような音、どのようなジェスチャー、どのような表現を生み出さなければならないかを知ることができます。

ディダスカリエは作品の演出を表します。

ディダスカリエは作品の演出を表します。それは、演劇、映画、写真など、さまざまな形式の芸術に存在する可能性があります。これにより、視聴者は見ているものをより深く理解し、アクションに没頭することができます。劇場では、ディダスカリアはしばしば舞台演出の形で存在します。それは俳優に舞台上でどのように振る舞うべきか、どのようなジェスチャーをするべきか、どのように話すかなどを指示します。これにより、より現実的な雰囲気が生まれ、視聴者はアクションに没頭できます。映画では、対話や動作の説明の形でディダスカリアも使用されます。アクションを状況に合わせて配置し、視聴者をガイドします。道順は、場所や時間などの撮影条件を示すために使用することもできます。写真撮影では、画像に関するより多くの情報を提供するために didascalia も使用されます。場所、日付、写真の主題などを示すことができます。これにより、私たちが見ているものをより深く理解し、画像をコンテキスト内に配置することができます。したがって、説明書はアーティストにとって非常に便利なツールであり、鑑賞者が自分の作品をより深く理解できるようになります。アートの種類に応じてさまざまな形をとることができますが、常に鑑賞者を導き、見ているものをよりよく理解できるようにすることを目的としています。

指示は作品の登場人物を示すものです。

ディダスカリアは作品の登場人物を表します。通常、作品の最初または最後に短いテキストの形式で表示されます。舞台指示は、物語の主人公や副次的な登場人物を表現するために使用できますが、彼らの年齢、職業、社会的地位などを示すこともできます。フィクション作品では、主人公や副次的な登場人物を紹介するために舞台演出がよく使用されます。これにより、読者は誰が誰であるかを知り、物語における彼らの重要性を理解することができます。道順には、年齢、職業、社会的地位などの情報も含まれます。文字。ノンフィクション作品では、舞台演出を使用してイベントのさまざまな主人公を表現できます。これにより、人々を歴史の文脈の中に位置づけることができ、彼らの役割をより深く理解できるようになります。道順には、年齢、職業、社会的地位などの情報も含まれます。文字。

ディダスカリアは、作品の行為が行われた時間と場所も示します。

ディダスカリエは、作品の時間および/または場所を示します。これは、観客が空間と時間の中に自分の位置を置くことができるため、ショーを演出する上で重要な要素です。演劇のようにテキストの冒頭に示されることもあれば、映画のように作品全体に存在することもあります。演劇では、上演が始まる前に、テキストの冒頭で方向性が示されるのが一般的です。脚注または対話として記述することができます。これにより、視聴者は空間と時間の中に自分自身を置き、部屋で何が起こるかを知ることができます。映画では通常、舞台演出が作品全体に存在します。テキスト、音声、または画像の形式で示すことができます。これにより、視聴者はアクションを追跡し、何が起こっているのかを理解することができます。したがって、ステージの演出はショーの演出において重要な要素となります。これにより、視聴者は空間と時間の中に自分自身を置き、何が起こっているのかを理解することができます。

したがって、ディダスカリアは、観客や読者がアクションの中に身を置くことを可能にするため、作品の重要な要素です。作品に応じて様々な形で表現できます。

A lire également  定義: Kubernetes