secure folder

デバイス上のフォルダーを書き込み禁止にするにはどうすればよいですか?

デバイスからコンテンツを作成することは、世界中の何百万人もの人々が日常的に行っている作業です。スマートフォンでもコンピューターでも、そこで利用できるデジタル ツールを使用すると、テキスト コンテンツ、描画、ビデオ モンタージュなど、あらゆる種類の作品を作成できます。

とはいえ、作成手順にはある程度の時間と多大な労力がかかるため、結果として得られた結果が適切な手に渡されることが非常に重要です。今日の記事では、デバイス上のフォルダーを書き込み禁止にする方法を学びます。

ファイルを保護する必要があるのはなぜですか?

新しいプレゼンテーション資料や新しいポスターの作成に取り組んでから 1 週間が経過しましたが、この製品は本物の逸品だと考えています。あなたを悩ませるのはただ 1 つの恐怖です。それは、あなたの努力がすべて無駄になり、あなたの貴重な結果が悪意のある人々によって盗まれるのではないかということです。あなたは、どんな犠牲を払ってでも、この種の危険に対してデバイスを免疫化する必要があることを認識しています。

実際、作品のコピーを別のデバイスまたは USB キーに保存していない場合は、完成したばかりの作品を永久に失う危険があります。これは、一度盗まれてしまうと新しい作品に戻すことができないためです。

さらに、破壊される危険があるのはあなたの努力だけではなく、おそらくあなたのデバイス全体です。なぜなら、盗難やその他の仮想攻撃は、デバイスだけでなく個人の機密データのフォーマット、暗号化、悪用などの深刻な被害を引き起こすからです。必ず従わなければなりません Windows VPN をダウンロードする手順したがって、データを可能な限り保護するためのシンプルかつ迅速な手順です。

書き込み保護: これは何を意味しますか?

「書き込み保護」という用語の意味は、多くの人にとって曖昧に思えるかもしれません。簡単に言うと、書き込み保護は、一定数のデジタル文書に設定される一種のロックであり、文書に変更が加えられる可能性を無効にします。

この保護は、ファイルにアクセスする権限を持たないユーザーがファイルに変更を加えるのを防ぐため、非常に効果的です。ただし、所有者の介入なしにこの保護が勝手に作動することがあり、それを解読するのが非常に困難な作業になります。これは、USB キーまたは外部ディスクに保存されたドキュメントの場合によく発生します。

デバイス上のフォルダーを書き込み禁止にするにはどうすればよいですか?

デバイス上のフォルダーを「書き込み保護」モードで保護したい場合は、以下の方法に従う必要があります。

USB ドライブのボタンを押します。USB ドライブを挿入したり、挿入したりするときに、小さなボタンに注意を払わないことがあります。 USB スティックを取り外します。この小さなボタンは、この書き込み保護モードをアクティブにするために使用されます。

[ファイル名を指定して実行] ウィンドウをアクティブにします。 Windows ロゴ + R ボタンを同時に押し、このウィンドウが表示されたら、「regedit」という単語を入力し、キーボードの Enter ボタンを押します。 「編集」をクリックする前に、「WriteProtect」オプションを選択します。

デバイス上のフォルダーを保護する他の方法はありますか?

書き込み保護は、デバイスのコンテンツを確実に保護する根本的な方法かもしれませんが、無効にすることは依然として難しく、場合によっては無効にすることさえできません。

別の方法をお探しなら 書類を保護するために、これを行うには、自分だけが知っているパスワードを使用してデバイス上にプライベート セッションを作成します。これにより、他の人が自分のものに侵入できないことを確実にできます。また、この方法は非常に効果的であると同時に、必要に応じてパスワードを簡単に無効化したり変更したりすることもできます。

結論 :

個人文書やデバイスの内容を狙った盗難やその他の攻撃は刻々と増加しており、すべての努力と重要な文書が危険にさらされています。しかし幸いなことに、書き込み保護やパスワードの表示などの特定のツールの作成により、これを回避し、コンピュータや携帯電話を良好な状態に保つことが可能になります。

A lire également  DUCKDUCKGO: プライバシーを尊重する検索エンジン