conduite du changement en entreprise

ビジネスの変化を管理する際の課題

機能しているビジネスは、特に市場とそのニーズの絶え間ない進化により、多くの変化が起こりやすい環境です。この絶え間ない進化競争と、同様に常に進化する市場のニーズに対応するには、企業が活動とスキルの観点の両方で定期的に自社を見直す方法を知ることが不可欠です。
変更管理
後者は、会社の各変革を可能な限り最善の方法でサポートすることを目的としています。現時点で「T」が、ビジネスにおける変化の管理の構成要素を明らかにするという質問を自問している場合、それにアクセスするための条件は何ですか、そして何よりも、変化自体、その課題と関心をどのように進めるかということです。 、このファイルの残りの部分に興味があるかもしれません。

一言で言えば、ビジネスにおけるチェンジマネジメントの定義とは何でしょうか?

変更管理は、社内に統合された一連の方法、ツール、プロセスをまとめます。その目的は、たとえば、新しい製品の発売、新しいサービスの導入、企業の国際的展開、さらには生産チェーンの開発など、変革の各段階をサポートすることです。+

変更管理の主要な段階は何ですか?

変更管理を理解するにはさまざまなアプローチがありますが、方法論の基盤は依然としてプロジェクトの成功を保証する主な要素の 1 つです。

最初のステップは、明確かつ明確な診断を確立することです。開発プロジェクトによって影響を受けるコンテキストと要素を統合することは、変化を推進するための障害と考えられる手段を判断することを目的とした重要なステップです。また、戦略的な優先事項を決定し、変化の推進に直接関与するすべての利害関係者のニーズを明確にする必要もあります。

導入の最初のステップを検討する前に、自分をサポートし、全体的な戦略を検討するのに役立つ代表的な資産を周囲に配置してください。これは特に、現場の現実や関係するさまざまな関係者が経験する状況に直面して理論を検証するのに役立ちます。

したがって、コミュニケーションが重要になります。そのため、ステークホルダーとの積極的なコミュニケーションとともに、透明性のあるアプローチを確実に推進する必要があります。これは特に、進行中の変化の重要性に対する意識を高め、それに応じて従業員の考え方を変えるのに役立ちます。

関係する各ステークホルダーの意識を高めるために、革新的な方法論に基づいたアプローチを導入すると、すぐに効果が現れることがわかります。 UX、デザイン、ツール、アニメーションはすべて、時間 (そして最終的にはお金) を節約するために検討すべきアプローチです。

最後のステップは、従業員のサポートとトレーニングで構成されます。それは彼らのそれぞれのスキルを動員し、サポートは将来のあなたの主な動員手段になります。

変更管理から文化変更へ

一般的に言えば、企業内に永続的な変化の文化を根付かせることは、市場の発展にもっと簡単に対応できるようになるというわけではないにしても、大きな課題です。解放された企業、ソシオクラシーまたはホラクラシーは、変更管理の文化のこの精神状態に有利​​な自主規制を会社に提供するため、研究するとよい人気のモデルです。

A lire également  リードに頼ってヒートポンプを販売する