image-entreprise-securiser

ビジネスを保護する 3 つの方法

セキュリティはビジネスにおいて重要な位置を占めるテーマです。最も強化されたものの 1 つである IT セキュリティを含む、さまざまな側面に対応しています。著作権侵害のリスクを可能な限り制限するために、完全に正当な対策が講じられ、完璧なものとなります。ただし、セキュリティを確保する必要があるのはコンピューター データだけではありません。設備や作業員の私物にまで影響が及びます。これを効果的にするには、いくつかの解決策を採用できます。

安全な電子ロッカーを設置する

ビジネス内のセキュリティを強化するために、さまざまなデバイスをインストールできます。たとえば、 電子ロッカー それは本当に小さな要塞です。これらは、使用を管理する必要があるあらゆる種類の物品を保管できるという点で、非常に実用的なロッカーです。

これには、携帯電話、コンピュータ、E/R 無線、またはその他の問題が含まれる場合があります。さまざまなサイズがあるため、ビジネスのニーズに適応できます。さらに、 安全な電子ロッカーの運用 他にもいくつかの利点があります。

トレーサビリティ

安全な電子ロッカーはネットワークに接続されています。 ソフトウェア。一般的に言えば、後者は機器とユーザーの関係をプログラムすることを可能にします。ログやアラームの受信も可能です。このソフトウェアは非常に大規模な トレーサビリティ 装置。ロッカーにはチップが埋め込まれており、空かどうかが分かります。この場合、コンテンツを使用している人はよく知られています。これは、設備が完全に遵守されていることを証明します。

アクセス制御

安全な電子ロッカーを使用すると、 アクセスを厳密に管理する 収納スペースに。統合されたソフトウェアのおかげで、一部のコラボレーターにアクセス権を与えることができます。言い換えれば、特定のコンパートメントは、正確に選択された 1 人以上の人々のために予約されます。

ビジネスセキュリティ、アクセス制御

念のため、すべてのインタラクションの後にはアラームが発生します。基本的に、誰かがロッカーにアクセスするたびに通知が届きます。にもアクセスできます 詳しい歴史 通路の再建を促進します。もちろん、このタイプのソフトウェアで得られる機能はこれらだけではありません。

電子ロッカー管理ソリューションが機器を総合的に制御することで、電子ロッカーの使用方法が広がります。欠陥品が入っているロッカーへのアクセスを阻止することで、欠陥品にアクセスできなくするために使用できます。統計が必要な場合、履歴やアラームは、ツールの使用率などを判断するための基礎として機能します。ご理解いただいたとおり、安全な電子ロッカーはビジネスにセキュリティ以上のものをもたらすシステムです。

鍵を安全に保管できるキャビネット

電子ロッカーに加えて、次のオプションを選択できます。 キャビネット どれに慣れますか 安全な鍵。これらは最初のデバイスと同じように動作し、全体的な管理を容易にするソフトウェアにも接続されています。

直感的なインターフェイスのおかげで、次のことが可能になります。権限を割り当てる キーの使用またはタイムスロットの定義。これは、一部のキーが 1 日の特定の時間帯に完全にアクセスできなくなることを意味します。また、キーの使用を希望する従業員は、何らかの方法で身分を証明する必要があります。

モデルまたは追加されたオプションに応じて、バッジ、個人コード、または刻印のいずれかを選択できます。どちらの場合でも、誰がキーを使用しているのか、いつその情報を考慮する必要があるのか​​が正確にわかります。明らかに、同じ原理がキーの保存にも適用されます。この時も本人確認は必須です。したがって、必要に応じて、キーの使用期間を知るためのすべての要素を自由に利用できます。

キーロッカーには4つの大きなメリットがあります。まず、それがあります アクセス制御 鍵に。それは全体的なものであり、自由に変更できます。 2 番目に、承認などを通じて制限を簡単に設定できます。さらに、 識別技術 セキュリティを最適化します。最後に、キー キャビネットを使用すると、各キーの使用状況を追跡しやすくなります。

耐火キャビネットを選ぶ

あなたの活動分野に潜在的に危険な製品や非常に引火しやすい製品の使用が含まれる場合、 耐火キャビネット が不可欠です。これらは、火災の際に特定のアイテムを安全に保つのに役立つアクセサリーです。これらは、各コンポーネントの詳細を規定する厳格な基準に従って設計されています。

たとえば、耐火キャビネットのドアは自動的に閉まらなければなりません。製造ルールを遵守するには、この動作を最大 20 秒以内に実行できる必要があります。その役割を考えると、非常に耐火性の高い壁を装備する必要があります。従来のキャビネットとは厚みも材質も大きく異なります。

防火キャビネットのもう一つの重要な特徴は、 換気システム。どのモデルを入手しても、空気の吸気口と排気口が必要です。デバイスは換気システムにも接続する必要があります。これらすべての機能により、耐火キャビネットは炎に耐える能力が得られます。

ビジネスに導入するモデルに応じて、 抵抗時間 変えられる。 15分から90分まで様々です。自分のニーズに合ったものを見つけるのに問題はないと言えるでしょう。さらに、防火キャビネットにはいくつかのサイズがあります。このアクセサリを使用すると、可燃性製品や 爆発を避ける または炎の広がりが速くなります。

したがって、火災が発生した場合に従業員が避難できるように、従業員にもう少し時間を与えます。また、消防士などの専門家による効果的な介入が可能になるため、数十分も節約できます。可燃性製品が敷地内にある場合は、耐火キャビネットを設置する必要があります。

A lire également  ネットワーク構成を最適化するにはどうすればよいですか?