ビジネス: 紙の給与明細を廃止してデジタル化するにはどうすればよいですか?

あなたのビジネスが正常に発展するためには、熱心なスタッフが必要です。この意味で、給与が常に期日通りに支払われるようにする必要があります。このようにして、従業員のモチベーションを維持し、他のいくつかの対策を講じることで、会社に対する一種の愛着を生み出すこともできます。報酬には常に従来の給与明細が添付されてきました。これらは、労働者の活動と給与を評価する速報です。それらを放棄して、デジタル給与明細に移行できるようになりました。

給与明細をデジタル化するメリット

テクノロジーとデジタルツールの進歩により、生活を楽にするさまざまなソリューションが登場しました。そのうちのいくつかは、以下の点で役立つように特別に設計されています。 ビジネスのさまざまな機能を管理する

だからこそ、給与管理を進化させるソリューションを見つける機会があるのです。これらは、従来のカードを放棄して、いわゆるデジタルカードを選択するほど効率的です。許可することに加えて、 時代とともに進化するあなたのビジネス、そのようなソフトウェアを選択すると、複数の利点があります。

時間を節約する

言及すべき最も注目すべき利点は、次のように韻を踏む時間の節約です。 デジタル給与明細の導入。この目的のために設計されたソフトウェアを使用して作成され、自動的に生成されます。したがって、必ずしもすべてを個別に編集する必要はありません。

これを行うには、一定量のデータをデータベースに入力するだけで、残りの作業はツールが実行します。彼は、考慮する必要があるすべてのパラメータに基づいてシートを作成します。これは、必要に応じて入力、変更、インポートできるすべての変数を組み合わせます。これは大掛かりな作業であり、手動で行うと通常は時間がかかります。

従業員数が多い場合はさらに時間がかかります。幸いなことに、適切なソフトウェアを使用すると、次のことが可能になります。 デジタル給与明細を取得する ほんの数秒で。さらに、予定日に送信されるようにスケジュールを設定することもできます。したがって、自動化と予測を組み合わせて、特定のタスクの実行時間を最小限に抑えます。

非常に効果的なソリューションの中には、 給与明細に関する現行法。事実、 オンライン給与明細の規制 継続的な更新によって保証されます。法律の変更を常に把握するために時間をかけて監視する必要はもうありません。

オンライン給与明細に関する規制

生産性の向上

デジタル給与明細への移行は、特に人事部門にとって、生産性の確実な向上を意味します。自動化により、 給与明細の作成、補償関連のタスクがより迅速に完了します。したがって、他の保留中のミッションを完了するための時間がさらに多くなります。人事部門、ひいては会社の生産性が向上します。浮いた時間は、より高速に作業を進めるために使われます。

エラーとデータ損失のリスクを軽減します

従来の給与明細は間違いが多いという特徴がありました。準備に伴う作業負荷を考慮すると、これは完全に正常です。したがって、変数を入力する前に、変数を数回確認する必要があります。 給与明細に。この段階では、間違いを犯すリスクが非常に高くなります。

報酬計算段階でも同様で、すべてのパラメータが考慮されます。 給与管理ソフトウェア 自動で動くので疲れません。同じ精度で必要なだけ給与明細を生成できます。人間の介入が制限されるため、エラーは単なる悪い思い出になります。

本当に一致する速報があります 従業員の労働時間に合わせて。さらに、デジタル給与明細を使用すると、変数の絶え間ない転送によるデータ損失に別れを告げることができます。これらを生成するツールを使用すると、すべての情報を一元管理する単一のデータベースを自由に利用できます。これらは安全であり、いつでもアクセスできます。

お金を節約する

人事部門のいくつかの機能は、 報酬管理。デジタル給与明細を導入することで、そのエディションに必要なすべての管理を同時に導入することができます。もちろん、このツールの機能はこれだけではありません。

給与管理ソフトウェアには通常、人事スタッフの負担を軽減する機能が他にもたくさんあります。特に、彼はより少ないリソースを使用して、それらよりも多くのタスクを実行できます。すべての機能を実行するために必要な時間、人員、さらには設備さえも少なくなります。

オンライン給与明細ソフト

あなたのビジネスに最適なデジタル給与ソリューションを選択するにはどうすればよいですか?

最初にデジタル ソリューションを導入せずに、デジタル給与明細に移行することはほぼ不可能です。したがって、自分のビジネスに適しているかどうかを慎重に選択する必要があります。これを行うには、特定のポイントを考慮することで自分自身を導くだけで済みます。

機能

まず最初にやるべきことは、 ソフトウェアの機能を考慮する。これらは、ツールで実行できるすべてを定義するため、非常に重要です。ただし、最も長い機能リストを備えたデジタル給与ソリューションを選択するという考えではありません。最も便利なオプションがあるものを選択することをお勧めします。

この中には、当然のことながら、 給与計算の自動化だけでなく、法的監視や社会的宣言の管理も含まれます。あなたにとって最も重要な機能が明確になるように、時間をかけてニーズを把握してください。これにより、デジタル給与明細への移行に加えて、ソフトウェアで何をしたいのかを明確に把握できるようになります。

利用施設

次のステップは、給与計算ソフトウェアの使いやすさに頼ることです。給与管理ソリューションがあるのは良いことです。できるツールを用意しましょう 報酬を管理する 使いやすいだけでなく、さらに優れています。複雑で使いにくいソフトウェアに負担をかけても意味がありません。

プロセスが遅くなり、人事部門が麻痺するだけです。理想は、理解するのに短時間しかかからない直感的なソリューションです。決定する前に、さまざまなツールをテストして確認することができます。最も透明性が高く本格的なプロバイダーは、次のような「デモ」を提供しています。 ソフトウェア機能の概要。これらは簡単に言えば、詳細なテストです。

料金

最後に、ツールの使用コストを考慮することが賢明です。ユーザーが完全に利用できるようにするために、サービス プロバイダーは、一定期間にわたって発生するコストを表す価格を定義します。

予算を決定し、最適なツールを見つけるときは、この点を考慮する必要があります。 最高のサービスをリーズナブルな価格で。最も安価なものを選択するために、サービス プロバイダーの Web サイトに価格が表示されることがよくありますが、ソフトウェアのすべての機能または一部を使用できるように提供されるサブスクリプションに基づいて見積もりを要求する必要がある場合があります。

オンライン給与明細に関する規制は何ですか?

2009 年以降、デジタル給与明細は専門的な環境において不可欠なものになりました。しかし、その大規模な導入は大きな制約によって制限されました。雇用主が与えるのは不可能だった 従業員の事前同意のないデジタル給与明細

多くの労働者が伝統主義者であるという事実を考慮すると、これがデジタル給与明細の使用をどのように妨げているかは容易に想像できます。 2016年よりオンライン給与明細の利用条件が見直されました。

彼らはリラックスしてきました。より正確には、2017 年 1 月以降、従業員の許可は必要なくなりました。 彼にデジタル給与明細を送る。これは、このタイプの給与明細の開発を促進するために、この建物に欠けていた石でした。もちろん、労働者が同意したと推定される場合であっても、異議を唱える権利が奪われるわけではありません。したがって、社内では安心してデジタル給与明細に切り替えることができます。

A lire également  極低温洗浄は他の方法に取って代わるのでしょうか?