bitcoin privacy

ビットコインが匿名性とプライバシーをどのように向上させるか

ビットコイン取引は、銀行や貨幣処理業者による従来の支払いとは仕組みが異なります。ビットコインを使用すると、ユーザーは第三者の介入なしに世界中で支払いを送受信できます。また、ビットコインの支払いは政府の規制の対象ではないため、資金の保管と管理の自主性が高まります。次の記事では、ビットコインがユーザーの匿名性とプライバシーをどのように促進するかについて説明します。などの仮想通貨取引所でも、 https://bitcoin-prime.app/fr/ 他の企業や個人に代わって支払いを処理するサービスでは、ウォレット アドレスの背後にある人々の身元を知ることはできません。

分散型ネットワーク

銀行などの指定された機関を通じてのみ取引が行われる法定通貨とは異なり、ビットコインには中央権威がありません。ネットワークやトランザクションを絶対的に制御できる組織や個人はありません。むしろ、すべてのユーザーにネットワークの共同所有権が与えられます。ビットコインのピアツーピア ネットワークは、第三者による支払いの関与も防ぎます。

すべてのビットコイン取引はブロックチェーン上で行われ、ネットワークには世界中のさまざまな場所に存在する何千ものランダムなマイナーが含まれています。マイナーは、公開デジタル台帳上のすべてのトランザクションを検証することでネットワークのセキュリティを維持します。ただし、トランザクションデータは暗号化されており、マイナーが個人に直接リンクできる情報は明らかにされません。

分散型ビットコイン ネットワークには多くの独立したノードも含まれており、それぞれがブロックチェーン台帳のコピーを保持します。ノードは相互にチェックして、保持するデータの一貫性を確保します。矛盾する情報を保持しているノードは自動的にネットワークから離脱します。台帳を操作するには、ノードの 50% 以上を同時にハッキングする必要がありますが、これは事実上不可能です。

ビットコインの複雑で分散したネットワークでは、中央の参照点がないため、資金の流れを追跡することはほとんど不可能です。さらに、ネットワークは、仲介者を介さずに、送信者または販売者を受信者または購入者に接続するだけです。

ビットコインを使用すると、ユーザーは金融取引のプライバシーと匿名性を一般に制限するKYCルールなどの政府規制を回避できます。これにより、世界的な送金と投資における自主性とプライバシーが確保されます。

ビットコインウォレットのアドレス

従来のシステムでは、取引するには個人が銀行口座を開設する必要があります。ただし、銀行口座の開設には顧客確認 (KYC) ルールが適用されるため、すべての詳細情報を銀行に明らかにする必要があります。その後、銀行は、特に国際支払いを行う場合に、この情報を第三者と共有することになります。これは、いくつかのプライバシーと匿名性のリスクに影響を及ぼします。

ビットコインユーザーには銀行口座は必要ありませんが、暗号通貨ウォレットが必要です。ビットコインウォレットはオンラインで無料または少額の手数料で入手できます。ビットコインウォレットを設定するには、ユーザーはいくつかの個人情報を提供する必要もあります。ウォレットは、アカウント番号として機能する公開キーまたは暗号ウォレット アドレスを生成します。ただし、ビットコインウォレットのアドレスは乱数と文字で構成される固有のコードであり、ユーザーの本当の身元を明らかにするものではありません。ビットコインユーザーは、プライバシーと匿名性を強化するために、偽名を使用してウォレットアドレスを作成することもできます。

ビットコインウォレットアドレスの作成にKYCルールがないため、取引の匿名性と機密性が容易になります。さらに、ユーザーはウォレット アドレスを必要なだけ作成できるため、トランザクションの追跡が非常に困難になります。

仮想トランザクション

ビットコインはまた、取引をオンライン空間に制限することで匿名性とプライバシーを促進します。ビットコインは、ユーザーがインターネット上の取引にのみ使用できるデジタル通貨です。同社のブロックチェーン技術は、ユーザーが物理的な接触なしに匿名で契約書に署名し、資金を送金できるスマートコントラクトをサポートしています。ブロックチェーン台帳を通じて、すべてのユーザーは取引履歴を確認して、直接関与することなく支払いに関する紛争を解決できます。

ビットコインには、ユーザーの匿名性とプライバシーを保証するための特別な措置が講じられています。ただし、ビットコインのトランザクションはブロックチェーン上で追跡可能であることを忘れないでください。

A lire également  SEPA SPB 口座振替: どうすればいいですか?