Social Media Trends Brands Cannot Ignore

ブランドが無視できない6つのソーシャルメディアトレンド

Facebook と Twitter の誕生以来、ソーシャル メディアは増加の一途をたどっています。何百万人もの人々がこれらのプラットフォームを閲覧し、フィードを視聴することに何時間も費やしています。他の人々と交流することも、ソーシャル メディア サイトが非常に人気がある理由の大きな部分を占めています。

もちろん、初期の頃は今とは異なります。企業にとって、ソーシャル メディアはブランドのプロモーションと認知度を高めるための優れた情報源です。

時間の経過とともに、ソーシャルメディアは進化してきました。消えたトレンドもあれば、残っているトレンドもあります。現在、ソーシャルメディアには、企業が最大限に活用すべき主要なトレンドの例が数多くあります。それらを発見してみませんか?この記事では必要な情報を提供します。

ギフトオファー

まずはプロモーションギフトから始めましょう。新しいフォロワーを引き付けるより良い機会を提供するアイデアを見つけるのは困難です。

ブランドは、プレゼントに応募するためにソーシャル メディア ユーザーにコンテンツの共有と「いいね!」を促す投稿を作成します。そして、そのような投稿に関心が集まるのは理解できます。

たとえコンテストで提供される賞品が本当に必要でなくても、人々は参加することを好みます。結局のところ、サインアップするには数回クリックするだけですよね?

価格は異なる場合があります。ほとんどの場合、これらは物理的な商品ですが、割引クーポンを見かけることも珍しくありません。

デジタル製品は、梱包や配送について心配する必要がないため、ギフトとして贈りやすくなります。

Facebook でグラフィック デザイン ページを運営しているとします。短いコースを作成できます Tシャツのデザイン方法 そしてそれを撮影します。あるいは、勝者に 1 対 1 で教えることもできます。

価格設定の可能性は無限ではありませんが、さまざまなアプローチがあります。重要なのは、ソーシャル メディア ユーザーを定期的なフォロワーに変えるために、価格をどのように提示し、より多くの人にサインアップするよう説得するかということです。

インフルエンサーマーケティング

インフルエンサー マーケティングも、最近のトレンドの好例です。人々はソーシャルメディアで有名人やさまざまな人物をフォローするのが大好きです。ブランドはフォロワーの多さに気づき、インフルエンサーと連絡を取ってパートナーシップ契約を結ぶのは自然なことです。

ただし、インフルエンサー マーケティングについて注意すべき点は、トップ インフルエンサーに完全に焦点を当てる必要はないということです。

ソーシャルメディアプラットフォームは広大であり、ブランドはトップインフルエンサーほど多くのフォロワーを誇っていなくても、エンゲージメントが高いことで知られるマイクロインフルエンサーに固執しなくても大丈夫です。最終的に、エンゲージメントは、インフルエンサーがブランドにとってどれだけ優れた存在であるかを決定する指標です。

献身

ソーシャル メディア ページはフォロワーの注目を集めたいと考えており、そのための最良の方法の 1 つはフォロワーと関わることです。コメントに返信するのが最も簡単なオプションかもしれませんが、それだけではありません。

人々の関心を維持するために、ソーシャル メディア ページでは、ユーザーが作成したコンテンツを共有することを検討する場合があります。この展覧会は、人々の興味をそそるという点でいくぶん過小評価されている。

明らかではない傾向のように思えるかもしれませんが、ソーシャル メディア ページのエンゲージメントが優先されるべきであることは否定できません。

コンテンツの品質

コンテンツの質の高さも特筆に値します。さまざまなソーシャル メディア ページを見ると、できるだけ多くのコンテンツを投稿する傾向があることに気づくでしょう。

もちろん一つに絞ってください コンテンツカレンダー 期待に応えるためには一貫性が必要ですが、精彩のないコンテンツを含むスパムフィードは逆効果になる可能性があるため、これはルールの 1 つです。

高品質のコンテンツを一貫して提供することは難しい場合がありますが、確立されたブランドが量よりも質を優先していることを考慮すると、独自の戦略を立て、その傾向を堅持する方法を特定することが重要です。

文字ではなくビジュアル

平均して、人々の注意持続時間は減少しており、ソーシャルメディアユーザーがテキストに関与する可能性が低くなるのは当然です。

いいえ、現在、ビデオ コンテンツと画像がソーシャル メディア ページの大半を占めていることがわかります。このタイプのコンテンツはエンゲージメントの点で他の多くのコンテンツよりも優れているため、一部のブランドはプロのアニメーターやコメディアンを雇って定期的にショートフィルムを投稿しています。

過去数年間でソーシャルメディアコンテンツがどのように進化したかを考えると、SMコンテンツが将来どのように進化するかを見るのは興味深いでしょう。しかし今のところ、優勢なのはビジュアルであり、現状を変えることができる次の大きなことを考えるのは難しい。

TikTokの台頭

最後に挙げるトレンドは、TikTokの台頭です。すでに述べたように、短編動画はソーシャル メディア上で人気があり魅力的なタイプのコンテンツであり、TikTok はこのタイプのコンテンツに合わせてカスタマイズされたプラットフォームです。

TikTok は若い人たちに人気がありますが、適切な消費者をターゲットにしてコンバージョンを図りたいブランドにとっては依然として優れた選択肢です。

A lire également  ソーシャルリスニングを行うためのヒント