entreprises-assurance-complet

企業向け信用保険: 完全ガイド

ヨーロッパでは、未払いの借金が活動の 4 分の 1 の失敗の原因となっています。また、企業は、未払い債務の影響を最小限に抑えるための適切な解決策を常に模索しています。考えられる解決策としては、信用保険が挙げられます。企業が身を守るために人気がある 未払いのリスク、この補償範囲には他にも興味深い利点があります。企業向け信用保険について知っておくべきことはすべてここにあります。

企業向け信用保険とは何ですか?

信用保険は次のように定義されています ビジネスを守るための補償 請求書の未払いによって生じる損失に対して。言い換えれば、顧客側の支払い不履行のリスクに対する商業債務の保証を提供します。実際、この補償により、企業は次のような費用の不払いを許容されます。 代償を受け取る 保険会社から。

請求書が未払いになる理由はいくつか考えられます。場合によっては、法人顧客の中には常に請求書の支払いをさらに遅らせようとする人もいます。また、その後もまだ解決していない場合もあります。時間切れ 認可されており、一般販売条件に指定されています。場合によっては、顧客が単に未払い金額の支払いを拒否したり、契約の履行を拒否したりすることがあります。

顧客企業の破産によって債務が未払いになる可能性もあります。どのような場合でも、次のサイトにアクセスすることをお勧めします。 Insurance-credit-entreprise.fr すべての保険会社のオファーを比較します。これにより、商業債務の支払いが滞った場合に補償してくれる保険会社を簡単に見つけることができます。また、保険会社が補償できる範囲は次のとおりです。 借金の95%

企業信用保険

未払い債務保証の仕組み

未払い債務保証の仕組みは非常に簡単です。まず、保険会社は顧客企業の財務実績と全体的な健全性を監視します。リスク評価が適用されます。そこには 授与された成績 顧客が請求書を支払えない確率に相当します。

これらの評価の結果に応じて、各債務者は特定の与信限度額を受け取ります。後者は、 信用保険会社 カバーすることに同意します。ただし、会社は、決定の修正により、または匿名の限度額に準拠することにより、保険契約の条件を尊重する必要があります。この制限を超えると、企業は補償の恩恵を受けられなくなります。

その後、保険会社が補償してくれるのですが、 請求書の徴収 借金が未払いになった場合の会社の対応。さまざまな友好的または法的方法によって、関係する顧客企業による未払い債務の解決を保証します。

実行した手順によって問題が発生しない場合は、 債務者からの支払い, 信用保険会社は、保険契約で定めた条件に従って企業に対して補償を行います。通常、補償日から5か月以内に受け取ることができます。 ファイルの提出日 訴訟部門のレベルで。この補償期間は、事件の状況によって異なる場合があります。

企業にとって信用保険のメリット

信用保険に加入することは企業にとって有利です。実際、これにより、大部分の回復が保証されます。 未払いの借金 会社の。これを念頭に置いて、関係する企業は、未払い債務の補償率を交渉して、 補償手当 これにより、少なくとも購入コストと流通コストがカバーされます。これにより、企業は業務の継続性を確保できるようになります。さらに、請求書の収集を専門家に委託することで、請求書を取得できる可能性が高くなります。 全額支払い。社内チームも、他の事業開発活動により多くの時間を費やすことができます。

そして、信用保険により、企業は信用リスクをより適切に管理できるようになります。それは彼にそれらを予測する可能性を与えます。また、会社の制限により、 潜在的な損失 保険会社と被るリスクを共有しているためです。このタイプの保険の条項と免責金額により、これらのリスクを分散することができます。

保険会社もビジネス関連のビジネス情報を提供します。このデータは、不払いのリスクを大幅に軽減するのに役立ちます。それらは次の点でも重要です。 顧客の立場のフォローアップ 支払いに異議を唱えそうな疑わしい顧客を排除することが可能になります。企業は、請求書の支払い期限に関する決定を行う際にも、この情報に頼ることができます。

一方で、このタイプの補償は融資へのアクセスを容易にし、この場合は請求書やファクタリング。この保険は、給付金の委任により金融パートナーや銀行機関も安心させます。また、企業は彼らからの追加融資から容易に利益を得ることができます。これにより、財務能力を高めることができます。

事業債務の回収

信用保険の保証

信用保険には次のものが含まれます 多数の保証。基本的な補償範囲は、フランスおよび輸出における商業リスクに関するものです。ただし、他の種類の保証を利用することも可能です。これらは、対象となるリスクの性質に応じて、次の 3 つの異なるカテゴリに分類できます。

  • 最初のカテゴリには以下が含まれます 商業上のリスクから生じる危険。これは、債務者の破産または支払い不能のリスクに関するものです。顧客側の債務に関する紛争に起因して不足が生じた場合、補償は問題が解決された後にのみ受け取られます。
  • 2 番目のカテゴリーは、購入国の政治的不安定のリスクや自然災害のリスクなどの政治的リスクに相当します。
  • 最後のカテゴリでは、 金銭的リスク。これは、非兌換通貨や債権の減価につながる可能性のあるその他の状況に関する懸念に関連するリスクに関連しています。

信用保険はリスクのみをカバーし、すでに発生した問題はカバーしないことに注意してください。したがって、会社が倒産するずっと前に倒産した場合には、売買契約書 が起こった場合、会社は補償を受けられません。

信用保険の費用はいくらですか?

の費用信用保険 次の 4 つの主要コンポーネントが含まれています。

  • 補償保険料、
  • 調査費用、
  • モニタリングコスト、
  • 訴訟が発生した場合の管理コスト。

そこには 補償保険料 ほとんどの場合、保険の売上高に基づいています。これは保険売上高のほんの一部にすぎず、売上高の「1,000 あたり」で表されます。価格設定では、次のような他の要素も考慮されます。

  • 被保険者および顧客企業の活動分野、
  • 過去の回収不可能な負債による損失の履歴、
  • 顧客のタイプ、
  • 支払い期間の長さ、
  • 補償の最高額、
  • 各債務者の格付け、
  • 顧客の所在地、

知っておくべきことは、 保険料のコスト 適用範囲は存続中に変更される場合があります。保険会社は、重大な損失が発生した後、または期日ごとに契約条件を自由に改訂できます。この作戦は警察の調査結果に基づいて行われる。状況に応じて保険料が発生します 上向きのレビュー 保険会社が補償範囲のバランスが崩れていると思われることに気付いた場合。また、保証割合や免責金額の設定など、契約の特定のパラメーターを変更する可能性もあります。

そうしないと、保険会社が下方修正する可能性があります プレミアム料金 結果が良好であれば。契約にどのような修正が加えられたとしても、必ず事前に両契約当事者間の対話が行われなければなりません。

企業信用保険の特典

信用保険契約を選ぶ基準

を購読することにしました。 信用保険 近い将来のあなたのビジネスのために?この分野を専門とする保険会社からの無数のオファーに直面することになります。信用保険契約を定義するために考慮すべき基準は次のとおりです。 あなたの会社概要

ただし、社外の基準を検討する前に、本質的な要因を明確に判断することをお勧めします。これは、売上高、保険会社によって課される契約期間、および信用保険契約の種類に関係します。

そうすれば顧客対応の可能性もある」 名前がありません » および顧客対応範囲 « 名前付き 」。最初のオプションは、補償のリクエストが行われずに補償が自動的に引き継がれる顧客に関するものです。このタイプのソリューションは、次の 2 つのパラメータによって条件付けされます。 未処理のしきい値 そして固定カバレッジ閾値。 2 番目のオプションでは、特定の金額の補償をリクエストする前に、保険会社に顧客について質問するプロセスが必要です。信用保険を選ぶ際には、支払限度額を考慮することも重要です。この基準の条件は、 最高額 契約に定められた補償金の支払い。

最適な信用保険を選択するには、保険会社によって与えられた期限を考慮する必要があります。それが、 補償期間、売上高の宣言や会社の経営回復の宣言など、これらの期限について知ることが常に重要です。同じことが、顧客の監視、紛争管理、クレーム報告、さらには取材の要請に関連する紛争にも当てはまります。

企業: この種のオファーについて覚えておくべきことは何ですか?

L’信用保険 はビジネスにとって非常に重要です。これにより、未払いの可能性のある借金に対する保護が提供されます。また、融資を簡単に受けられる優れたソリューションでもあります。ただし、重要なのは、 慎重に選択してください ビジネスから効果的に利益を得ることができるように、ビジネスに信用保険を適用します。これを行うには、条件を注意深く確認し、契約で定義されているさまざまな条件を確認する必要があります。

A lire également  起動: SAS を作成するための前提条件