definition

共生: 定義

共生とは、2 つの異なる生物間の緊密かつ永続的な関係を指します。この関係は、生物の一方または他方、あるいは両方にとって有益となる可能性があります。それは、寄生、共生、共生など、さまざまな形をとる可能性があります。共生は自然界では非常に一般的な現象であり、種の進化において重要な役割を果たしています。

共生の定義:それは何ですか?

共生の概念は生物学、特に生態系の研究の文脈でよく扱われます。この用語は、一般に性質の異なる 2 つの異なる生物間の緊密かつ永続的な関係を指します。この関係は、相利共生の場合のように両方の生物にとって有益である場合もあれば、寄生共生の場合のように一方の生物にとって有害で​​ある場合もあります。

自然界には共生の例が数多く存在し、その中には非常に驚くべきものもあります。共生の定義と、この概念を説明するいくつかの例を一緒に見てみましょう。したがって、共生とは、2 つの異なる生物間の密接で永続的な関係です。相利共生の場合のように両方の生物にとって有益な場合もあれば、寄生共生の場合のようにどちらか一方にとって有害な場合もあります。したがって、共生とは、2 つの異なる生物間の密接で永続的な関係です。相利共生の場合のように両方の生物にとって有益な場合もあれば、寄生共生の場合のようにどちらか一方にとって有害な場合もあります。

さまざまな種類の共生の例

共生とは、2 つの異なる生物間の密接な関係を指し、各生物が他の生物から利益を得ます。共生には共生、敵対、相利などさまざまな種類があります。共生とは、一方の生物が他方の生物に害を及ぼさずに利益を得る一種の共生です。例えば、他の動物の死骸を食べるハゲワシなど、他の動物が出した排泄物を食べる動物もいます。拮抗作用は、2 つの生物が競合する共生の一種です。たとえば、植物と動物は、同じ空間や食料源をめぐって競合することがよくあります。相利共生は、両方の生物が互いに利益を得る共生の一種です。たとえば、ミツバチと花は互いに助け合っています。ミツバチは花の蜜を集めて受粉し、花の繁殖を可能にします。一方、花はミツバチが生き残るために必要な花蜜を提供します。

共生のイラスト:具体例

共生とは、密接に相互作用しながら生きる 2 つの生き物の間の親密で有益な関係を指します。共生する生物は、相互作用によって相互に利益を得ます。共生は自然環境への適応の一形態です。共生の例のほとんどは動物の生命に由来しています。最もよく知られているものの中に、アリとテントウムシの共生を挙げることができます。アリはてんとう虫を天敵や寄生虫から守ります。その代わりに、てんとう虫はアリを攻撃する寄生虫を食べます。サンゴ類と藻類の共生も共生の例です。サンゴ類は組織内に藻類を宿主としています。藻類はサンゴに餌の一部を提供し、攻撃から守ります。細菌と植物との共生など、他の多くの形態の共生が存在します。バクテリアは大気中の窒素を固定し、植物が自ら栄養を摂取できるようにします。一方、植物は細菌が成長し増殖するのに理想的な場所を提供します。

共生とは、2 つの生物種間の親密な関係を指す用語です。この関係は、悪魔と天使の共生の場合のように、双方にとって有益な場合もあれば、人間とペットの共生の場合のように、2 つの種のうちの一方だけに有益な場合もあります。したがって、共生は、2 つの生物種間のいくつかのタイプの親密な関係をカバーする非常に幅広い概念です。

A lire également  定義: リンクトイン