robots tueurs

国連協議、「殺人ロボット」に関する共通合意に達せず

自律型兵器の使用に関する交渉は新たな国際条約につながる可能性があり、ロシアや米国などの反対に直面している。

「キラーロボット」とも呼ばれる自律型兵器システムに関する国連交渉が、これらの兵器を製造する国の反対により、その使用を規制することを目的とした国際条約の交渉に繋がらなかったことを受けて、各国や活動家らは遺憾の意を表明している。

ドローンなどの既存の半自律型兵器とは異なり、完全自律型兵器には人間が操作する「殺害ボタン」はなく、センサー、ソフトウェア、自動プロセスに依存して標的を殺害すべきかどうかを判断します。

国連によると、自律型兵器の規制は絶対的な緊急事態である

3月に国連の専門家委員会がリビアで初の自律型ドローン攻撃が行われた可能性があると報告して以来、この分野の規制は新たな重要性と緊急性を帯びている。

今週、アントニオ・グテーレス国連事務総長は、特定通常兵器禁止条約(CCW)の署名国125カ国に対し、通常兵器の使用に関する新たな規制に向けた「野心的な計画」を策定するよう促した。

しかし金曜日、通常兵器禁止条約(CCW)の第6回再検討会議は、LAWSとして知られる自律型兵器システム致死兵器の開発と使用に関する継続的な議論の日程について合意に至らなかった。

ジュネーブでの5日間のサミットには、すでにLAWSの開発に多大な投資を行っている多くの国が出席したが、機械式兵器に対する法的拘束力のある規制を確立するために取るべき措置について参加者の大多数が合意することはできなかった。 。

交渉後にロイター通信に語った関係筋によると、LAWSに関する新たな協定に反対を表明した国の中にはロシア、インド、米国も含まれていた。

米国は、正確性を含め、LAWS の利点を強調した。

スイス軍縮大使のフェリックス・バウマン氏は声明で、「現在のペースでは、技術開発が我々の議論を上回る危険がある」と述べ、8年間会合を続けてきた国連政府間グループの結論に不満を表明した。

失敗に終わる交渉

68カ国が国連で法的手段の採択を求めている一方、多くの非政府組織(NGO)がこれらの兵器の無秩序な拡散と闘い、新たな法の制定を主張している。

オーストリアのアレクサンダー・シャレンベルク外務大臣とニュージーランドのフィル・トワイフォード軍縮・軍備管理大臣はともに自律型兵器システムを管理する新たな国際条約を求めた。

ノルウェーとドイツは両国とも、新たな連立政権合意の一環としてこの問題に対して行動を起こすことを約束した。

赤十字国際委員会(ICRC)は協議後に発表した声明で、この決定には失望したと述べた。

1週間の議論の後、赤十字国際委員会(ICRC)のニール・デイビソン氏は、この結論には失望したと述べた。 「これはまさに機会損失であり、自律型兵器による脅威に対処するために必要なものではないと我々は考えている」と同氏は述べた。

アムネスティ・インターナショナルの上級顧問ベリティ・コイル氏は、「子どもの権利条約が真の進歩を遂げることができないことが改めて証明された」と述べた。

活動家らは現在、この問題に関する将来の進展を確実にするためには、この問題に関する一連の長期にわたる国連交渉とは別のメカニズムが必要かもしれないと主張している。

コイル氏は、「地雷やクラスター爆弾に関して我々がすでに見てきたような進歩をもたらす可能性のある対外的なアプローチを、熱心な政府が率先して行う時期が来た」と述べた。同氏はまた、規制の機会がより限定されつつあると指摘した。

ストップ・キラー・ロボットのコーディネーター、リチャード・モイーズ氏は、政府は人命を守るために「テクノロジーによる人間の殺害に対して人類のために道徳的かつ法的な境界線を設ける必要がある」と述べた。

「明らかに大多数の国は、武力行使に対する人間による効果的な制御を確保する必要性を認識している。」

殺人ロボットは人道的に壊滅的な影響を与える可能性があり、今こそ彼らが率先して行動すべき時だ」とモイーズ氏は語った。

A lire également  超自然的な Discord サーバー: ネット上の最後の快適な避難所