bitcoin and chart

大企業がビットコインに投資すべき理由

なぜ大企業がビットコインに投資すべきなのか疑問に思いませんか?ここでは、大手企業がこのデジタル通貨に投資している理由について説明します。

現在、多くの上場企業が大量のビットコイン株を保有しています。しかし、これらの企業がこのデジタル通貨に投資する理由はたくさんあります。企業にとって、この仮想通貨に投資することは、ポートフォリオを多様化し、この電子通貨で準備金を保有することに意味があります。さらに、ブロックチェーン技術は、このデジタル通貨への投資の利点を認識している大企業の間でより現実的になってきています。

多くの人がこの仮想通貨に投資しているため、大企業はより幅広い顧客層にリーチする機会を捉えています。この電子通貨への投資は、これらの企業の顧客ベースを拡大し、成長する市場に貢献するのに役立つ有利なビジネス提案であり、これが企業が現在この仮想通貨に投資している理由を説明しています。このデジタル通貨に投資している多くの企業の中には、MicroStrategy、Microsoft、Tesla、Amazon、さらには Google も含まれます。

より多くの顧客を引きつけるためにこのデジタル通貨を使用することは魅力的であると同時に危険でもありますが、多くの人が成功できると信じてこのデジタル通貨市場に参加しています。このデジタル通貨は不安定ではありますが、より高い収益の可能性を秘めています。大企業がこの電子通貨に投資すべき理由は次のとおりです。

インフレに対するヘッジ

法定通貨はインフレに傾きますが、仮想通貨はインフレに傾きません。政府はより多くの従来の通貨を印刷して一般に利用できるようにすることができるため、法定通貨の供給は無制限です。したがって、インフレ時には個人の購買力が低下します。一方、ビットコインには世界的な価値があります。たとえば、国際的なビジネスを行っていてユーロを受け入れ、インフレによりその通貨の価値が突然下落した場合、経営者として損失を被ることになります。

企業は、これらのデジタル通貨による支払いを受け入れれば、インフレのリスクを回避できます。この仮想通貨の供給には限りがあります。一般人が採掘できるビットコインは 2,100 万枚だけです。この供給が限られているため、この電子通貨の需要が増加し、その価値が高まります。この仮想通貨は世界的な価値を持ち、インフレの不安を解消します。老舗企業は現在、インフレから身を守るためにこの電子通貨に投資しています。

取引の透明性を促進

ビットコインには、分散型公開台帳であるブロックチェーンとして知られるインフラストラクチャが組み込まれています。ブロックチェーンの配布により、ユーザーはこの仮想通貨の取引にアクセスして閲覧できるようになります。多くのビットコイン愛好家は、この電子通貨の透明性のレベルをよく賞賛します。したがって、企業やビジネスが、この電子資産がユーザーに提供するオープン性の恩恵を受ける時が来ています。ブロックチェーン技術により、誰も簡単にハッキングしたり操作したりできないトランザクションを簡単に検証できます。したがって、これらのデジタル通貨による支払いにはリスクや腐敗がありません。企業はこのデジタル通貨に投資すべきです。

セキュリティの強化

こうしたデジタル通貨のハッキングは近年大幅に増加していますが、企業の財産を破壊する金融詐欺ほど深刻ではありません。この電子通貨に投資する場合、企業は顧客の保有するビットコインに安全性を提供する取引所を探す必要があります。これらの取引所の多くは、保護を提供すると主張しています。ただし、サインアップする前に、仮想通貨取引所を使用したことのある人のレビューを読んで、何が期待できるかを確認してください。
即時接続

結論

この仮想通貨が制度的に採用されると、一般に広く採用される機会が生まれ、それがビットコイン ネットワークの安定性の向上につながります。言い換えれば、この電子マネーは企業にとって多くのメリットがあるため、定着し続けているのです。

A lire également  ESPN記者のTwitterアカウントがNFT詐欺「NBAトップショット」を宣伝するためにハッキングされる