Stability AI tente de garder une longueur d'avance avec un nouveau modèle d'IA générateur d'images

安定性 AI は、新しい画像生成 AI モデルで常に先を行くことを試みます

進化し続ける人工知能 (AI) の世界において、安定性 AI は新たな一歩を踏み出しました。 安定の滝、前駆モデルと比較して大幅な進歩、 安定した拡散。この最新世代のツールは、優れたパフォーマンスと速度で市場標準を再定義し、AI 画像生成の転換点を示すと主張しています。

Stable Cascade は、前例のない精度とバリエーションを備えた画像を生成する機能で際立っています。画像を最初から作成するだけでなく、既存の画像の解像度を向上させることもできます。さらに、次のような高度な編集機能も導入されています。修復 そしてその上塗りを使用すると、画像の特定のセクションを編集できるだけでなく、 キャニーエッジ、写真の輪郭をまったく新しい画像に変換します。

彼の能力の魅力的な例は、オンデマンドで魅力的な画像を作成することです。「擬人化されたペンギンがカフェに座って、コーヒーを飲みながら本を読んでいる映画のような写真」です。研究者や AI 愛好家は、この成果にアクセスできます。 GitHub、ただし、現時点ではその使用は非営利目的に限定されています。この制限は、Google や Apple などの大企業も AI 画像作成ツールを開発しているときに発生します。

Stable Cascade の中心となるのは技術革新です。このアプローチでは、単一の大規模な言語モデルを採用する代わりに、3 つの異なるアーキテクチャベースのモデルを使用します。 ヴュルストヒェン。この方法では、テキスト プロンプトを小さな潜在コードに圧縮し、それを処理して最終画像を生成します。この戦略はメモリを節約するだけでなく、処理時間を以前の SDXL モデルの 22 秒から 10 秒に短縮し、品質と効率を向上させます。

しかし、Stability AI の歩みには、著作権で保護されたデータの権利者の承認なしでの使用に関する訴訟など、論争がなかったわけではありません。注目すべき訴訟の1つは、ゲッティイメージズが提起した訴訟で、12月に判決が予定されている。こうした課題にもかかわらず、Stability AI は 12 月にサブスクリプション モデルによるライセンスのマーケティングを開始しました。これは研究活動を財政的に支援することを目的としたアプローチです。

これらの開発を通じて、Stability AI は AI 業界に名を残し続け、安定した配信方法を普及させ、画像生成テクノロジーの限界を押し広げます。 Stable Cascade は、この分野での継続的なイノベーションを具体化するだけでなく、データ収集と AI の使用の倫理に関する重大な問題も提起します。

A lire également  iFixit の最初の Vision Pro 分解では、Apple の新しいヘッドセットの内部を調査します。