Eiichiro Oda explique pourquoi Luffy est l'un de ses plus gros maux de tête dans One Piece

尾田栄一郎は、ワンピースでルフィが最大の頭痛の種の1つである理由を説明します

尾田栄一郎は25年以上『ワンピース』のルフィとその仲間たちの物語を書き続けているが、いまだに彼を機嫌を損ねる出来事がいくつかある。いいえ、それは彼が書かなければならない章の数や描くのが難しいキャラクターではなく、彼自身の主人公です。 モンキー・D・ルフィ

Twitter アカウントの専門家に感謝します ワンピース そしてその作者であるサンドマンの話から、麦わらが尾田栄一郎のデビュー以来最大の悩みの種であることが分かりました。理由?それは非常に単純です。彼は非常に強力であるため、シリーズが途中で終了しないように、尾田は常に障害物で彼を止めなければなりません。

「「ルフィが一番気になるんだよ。彼の行く手にあらゆる種類の障害物を置き、そうしないと彼が悪者をすぐに倒してしまいます。 「私の登場人物たちは、あたかも自由意志があるかのように行動します。物語のために彼らに動きを強制すると、視聴者から苦情が来ます。」

作中で何度も尾田がこのようなブレーキを使う様子が見られましたが、 ローグタウン バギーの手によって危うく死にそうになるまで、 ここ そこで彼は、百獣海賊団と対峙するために鬼ヶ科に向かう前に、数週間刑務所に閉じ込められたままになります。

これ以上進むことなく、漫画の後の章で同様のことが起こり、今になって初めて麦原の行動が見られました。これらの障害がなければシリーズがどのくらい続いたのかはわかりませんが、問題が発生する場所を発見していたことは明らかです。 ワンピース かなり数年前のこと。

A lire également  ポケモンにハマった人だけがわかる23のこと