La blockchain Solana envahie par des memecoins racistes dans la dernière tendance des crypto-monnaies

暗号通貨トレンド: 物議を醸しているミームコインの Solana ブロックチェーンへの侵入

**ミームコインの復活: 人気と論争の間**

絶え間なく変化するデジタル世界では、**ミームコイン**として知られる独特の形式の暗号通貨が最近人気を取り戻しています。インターネット ミームにインスピレーションを得た **Dogecoin** や **Shiba Inu** などのデジタル トークンは非常に成功しており、取引戦略を通じて迅速な利益を求める暗号通貨愛好家や投資家の注目を集めています。

しかし、成功と人気を超えて、特に **Solana** ブロックチェーンに暗い傾向が現れています。人種差別的な中傷やイデオロギーに関連した名前を冠したミームコインが登場し、暗号通貨の世界で物議を醸す転換点を示しています。衝撃的な例としては、反ユダヤ主義の発言やナチスのシンボルにちなんで名付けられた仮想通貨が挙げられ、仮想通貨コミュニティ内の怒りを引き起こしています。

**数値論争**

**ビットコイン**の最近の史上最高値への上昇は、Solana ブロックチェーン上で動作する一部のミームコインなど、他の暗号通貨の小規模な復活にもつながりました。ベンチャーキャピタルからの多額の投資のおかげで、Solana は、特にその使いやすさと NFT コミュニティの間での人気により、新しいトークンの発売に推奨されるプラットフォームとしての地位を確立しました。

この復活を受けて、昨年末、ニット帽をかぶった犬のウイルス画像に基づいた **dogwifhat** (WIF) と呼ばれるミームコインが登場しました。このトークンは、控えめに始まったものの、その価値が突然上昇し、これらの暗号通貨が大きな利益を生み出す能力を示しています。

**バイラリティと倫理の間の境界**

バイラル性が重要な世界では、注目を集めるために、許容範囲の境界を越えて、自分の創作物に明らかに人種差別的な用語を付けた名前を付ける人もいます。この無計画な戦略により、陰謀論や憎しみに満ちたイデオロギーを反映した名前のミームコインが作成されました。

この動きは暗号通貨コミュニティ内で怒りの波を引き起こし、一部のトレーダーはこれらのミームコインがソラナの評判に壊滅的な影響を与える可能性について懸念を表明した。 Solana Labs の共同創設者である **Anatoly Yakovenko** 氏は、これらの取り組みを公に非難することに失敗しませんでしたが、このデジタル化された憎悪の波を食い止めるために具体的な措置を講じることができるかどうかは依然として不透明です。

これに応じて、**DEX Screener** などのプラットフォームはモデレーション ポリシーを再評価すると発表し、ブロックチェーンを通過するコンテンツに対する制御の限界を認識しながらヘイトスピーチの媒介者にならないようにしたいと強調しました。

**より健康的な未来に向けて?**

暗号通貨市場が進化を続ける中、物議を醸しているミームコインの出現は重要な倫理的問題を引き起こしています。業界はテクノロジーの悪意のある使用を防ぐために規制メカニズムを強化する必要があるでしょうか?それとも、この責任は個々のコミュニティやプラットフォームにあるのでしょうか?

1 つ明らかなことは、ミームコインの旅が続く中、より包括的で尊重されたデジタル空間への道には依然として課題が山積しているということです。

A lire également  リップル:記録的な上昇が予想される