Financial consultation

消費者信用: 知っておくべきことすべて

消費者信用は、個人が貯蓄を取り崩すことなく購入やプロジェクトに資金を提供できる金融ツールです。消費者金融にはさまざまな種類があり、それぞれに独自の特徴や条件があります。この記事では、これらのクレジット、その期間、可能な金額、リソース条件、および情報に基づいた選択を行うためのその他の重要な要素に関する主要な情報を紹介します。

さまざまな種類の消費者金融

個人ローンは

個人ローンは未割り当てのクレジットであるため、借り手は銀行に対して使用を正当化する必要がなく、必要に応じて資金を使用できます。借入額は通常 200 ユーロから 75,000 ユーロの間で変動し、返済期間は最長 84 か月 (7 年) です。

割り当てられたクレジット

影響を受けるクレジットとは、車の購入や仕事の実行など、特定の購入またはプロジェクトに関連付けられたローンです。借り手は資金の使用を正当化する必要があり、プロジェクトが完了した場合にのみ信用が付与されます。金額や返済期間は個人向けローンと同様です。

リボ払い

リボルビングクレジットとも呼ばれるリボルビングクレジットでは、借り手が次のことを行うことができます。消費者信用を得る それは彼が自分の都合に合わせて使える一種の蓄えだ。この準備金額はオファーによって異なりますが、通常は 500 ユーロから 6,000 ユーロの間です。返済期間は利用金額と返済額によって異なります。

購入オプション付きレンタル (LOA)

LOA はリースとも呼ばれ、資産 (通常は車) のレンタル契約であり、契約終了時に資産を購入できる可能性があります。通常、月々の支払い額は従来のローンよりも低くなりますが、借り手は不動産を購入することを決めた場合にのみ、契約終了時に所有者になります。

消費者金融にアクセスするための条件

リソースの状況

消費者信用を得るには、借り手にローンを返済するのに十分な収入がなければなりません。銀行は通常、負債比率、つまり毎月の支出と収入の比率を調べます。通常、負債比率は 33% 未満であることが求められます。

職業上の状況

銀行は借り手の職業的状況も考慮し、無期契約の人や公務員を優先します。自営業者や有期契約者も融資を受けることができますが、条件が厳しくなる場合があります。

銀行取引履歴

支払事故や多額の当座貸越がなく、良好な銀行取引履歴があること

、消費者信用を獲得するための資産です。銀行は借り手の銀行取引行動をチェックし、問題が再発したり、個人ローン返済インシデント ファイル (FICP) に登録されたりした場合には、与信を拒否することがあります。

消費者金融の特徴

· 最低金額: €200

· 最高額: 75,000ユーロ

・最長期間:84ヶ月(7年)

・必要負債比率:通常33%未満

· 職業上の状況: 無期契約および公務員を優先

結論としては

消費者信用は、個人が貯蓄を危険にさらすことなくプロジェクトや購入に資金を提供できる、柔軟でアクセスしやすい金融ソリューションです。特定の条件と特徴を備えたいくつかの種類の消費者金融が利用可能です。さまざまなオプションを十分に理解し、ニーズと財務状況に最も適したクレジットを選択することが重要です。消費者金融へのアクセス条件は、借り手のリソース、職業上の状況、銀行取引履歴によって異なります。したがって、ローンを組む前に、自分の返済能力を慎重に評価し、オファーを比較して、自分の状況に最も適したものを見つけることが重要です。

A lire également  ストックオプション: 定義、課税、メリットとデメリット