nettoyage industriel

産業: 産業用機器のメンテナンスと洗浄

産業分野では、生産専用の設備がその活動の基礎となります。だからこそ、メンテナンスや清掃は事業を円滑に進めるために欠かせないポイントなのです。

設置、取り扱い、修理、清掃は、最終的には、欠陥が発生した場合に生産プロセスに悪影響を与える可能性がある早期劣化から機械を保護することを目的としたパッケージの一部です。

機械のメンテナンスと清掃がなぜそれほど重要なのでしょうか?

機器が新品であろうと中古であろうと、予期せぬ故障や破損から安全であることを保証するものは何もありません。保証契約は予期せぬ事態に対する正式な盾ではないため、機器を定期的にメンテナンスすることが不可欠であり、予期せぬ事態からお客様を守ることにもなります。機器のクリーニングと定期的な検査により、早期の摩耗を検出し、適切なメンテナンスを時間通りにスケジュールすることができます。期待するということは、我慢する必要がないということです。

工業用洗浄はどのような業種を対象としていますか?

工業生産現場の清掃は多くの構造物に関係します。その中で特に次のことがわかります。

  • 鉄鋼、冶金、ボイラー製造、鋳造産業
  • 製薬・化粧品業界などの生産研究所
  • 病院と医療現場
  • 農産食品および農業工場。
  • クリーンルーム。
  • コンピューター室およびその他のデータセンター。
  • 電子および電気の生産現場。
  • 衣料品産業。
  • 造船、航空、宇宙、鉄道産業。
  • 自動車産業 ;
  • 木材、ガラス、紙、ボール紙の製造産業。

これらすべての地域は「工業用地指定」という共通点を持っていますが、それぞれの地域に適した技術と設備の使用が求められており、その目的は、各地域の特定の基準を尊重することです。

産業用清掃会社に依頼することになる可能性のある制約は何ですか?

各業界にはそれぞれ独自の特性があるため、介入するメンテナンス業者は、それぞれの環境に適応した超清浄度のレベルを確実に提供する専門知識と熟達したレベルを提示する必要があります。

この分野では、社会が エアリアサービス は、ほぼすべての環境で介入を提供するものの 1 つです。産業環境に介入するにはエージェントに熟練が必要であるため、これは強調されるほど稀なことです。

実際、エージェントは危険な空間に介入してあらゆる種類の機器を清掃できる必要があり、対応する特定の領域ごとに適応したトレーニングが必要です。これには、洗浄や汚染除去が必要な機械、工具、その他の作業場や研究室が含まれます。

生物学的、電気的、化学的汚染物質、場合によってはアスベストなど、数多くの危険に遭遇する可能性があります。完全に安全に作業を行うには、メンテナンス エージェントのチームが各環境について完璧な知識を持っていることが不可欠です。

A lire également  不動産業者になるにはどうすればよいですか?