visu-revolution-entreprise-plateau-petite

社食トレー、小さな革命が進行中

一部の企業では長らく無視されてきたミールトレイが、現在新たな姿を見せつつあります。サービスだけでなく、提供されるメニューとそのパッケージにも小さな革命が起きています。企業のケータリング業者は現在、環境だけでなく地域経済にも配慮して、さまざまな食事の盛り合わせを提供しています。どのような変化が進行中ですか?メリットについてはどうでしょうか?この潜在力の高い分野のイノベーションをぜひ発見してください。

再利用可能な食器を使った食事の配達

食事トレイを届けてもらう食事の配達数の増加、企業の仕出し業者もこの動きに追随した。さまざまな企業の従業員が注文を出したり、プラットフォームに加入したりします。したがって、彼らは毎日、使い捨ての包装で食事を受け取ります。

現在起こっている大きな革命の 1 つは、企業への食事トレイの配送に再利用可能な食器を使用することです。実際、使い捨て包装は重大な汚染源となっています。ここでは、環境保護のために戦う団体によってプラスチックが取り上げられています。ケータリングおよび食品部門は最大の汚染源の 1 つであるため、企業のケータリング業者はイノベーションに期待しています。後者は、その活動のために特別に設計されたパッケージを提供します。食事をエコロジカルなボックスで配達します。

繰り返し使えるのにおしゃれな食器は、 企業向けケータリング業者による革新的なタッチはほとんどありません。ここでは、メラミンや壊れやすい磁器で作られたモデルとは程遠いです。パッケージは植物残渣から作られており、特別に作られています。 成果物の形式に合わせて開発された。丈夫でエレガントなので、オフィスでも完璧でおいしい食事を食べることができます。

サービス面では、企業のケータリング業者が食事トレイを配達し、食器や調理器具を回収して洗浄し、再利用することができます。実用的かつ革新的であり、エコシステムに配慮したプロセスです。

社食トレイ

地元の食材を使ったヘルシーで多彩なメニュー

食事の配達については、まだいくつかの先入観があります。顧客は、環境に優しくない冷凍製品を受け取っていると考えることがよくあります。顧客の健康を懸念するケータリング業者は、その固定観念を打破しようとしています。確かに、 食事の宅配がブームになっている 健康上の理由により。今では、一流レストランの洗練された料理も含め、あらゆるものが配達されます。また、ヘルシーメニューも特に人気です。ここで私たちは消費者にアピールする新鮮でオーガニックな製品について話しています。

オーガニックで高品質の製品を提供することに加えて、企業のケータリング業者は現在、地元の生産者(繁殖業者、市場の庭師、農家、漁師など)と協力しています。この分野の多くの専門家は、地域経済を救い、生産者を支援するために短絡を支持しています。この取り組みの目的は、 顧客に最高の製品を提供する、そして地元の自然な季節の産物を消費すること。企業のケータリング業者がオーガニックで新鮮な食品を好むという事実は、風味豊かな料理を約束するものでもあります。

企業への食事トレイの配達における真の革命もまた、 メニューの多様化。ベジタリアンの盛り合わせからグルテンフリーまたは乳糖フリーのメニューまで、幅広い選択肢があります。現在、ケータリング業者は顧客のさまざまなライフスタイル (ベジタリアン、ビーガン、ケトジェニックダイエットなど) に配慮しています。季節はもちろん、お客様の好みに合わせたメニューをご用意しております。目的は、好みやニーズに応じて最大限の消費者を満足させることです。

職場での健康的でバランスの取れた食事

従業員は職場で消費される食事の品質について不満を言うことがよくあります。ほとんどの場合、カロリーが高すぎたり、不味かったり、味が足りなかったりします。一日中いつでも食事の質が気になる方は、ミールトレイを注文できます。資格のあるケータリング業者が配達サービスとさまざまなメニューを提供します。

提供される料理の多様性のおかげで、仕事中に食事の質を心配する必要はもうありません。多くの企業も、 ケータリング業者に食事サービスの提供を依頼する。また、セミナー、カンファレンス、会議などのイベントについても連絡します。このようにして、ケータリング業者は、オフィスで消費できるビュッフェ、ドリンク、またはその他の準備品を配達します。

健康的な仕事をする

循環経済を提唱する廃棄物ゼロの消費モード

環境問題は、その規模にかかわらず、すべての企業の懸念の中心です。彼らは二酸化炭素排出量の削減に努めていますが、何よりもプラスチックのようなリサイクル不可能な廃棄物の生成を削減しようとしています。持ち帰り用の食品の包装は、制限される廃棄物のリストに含まれています。これは、ストローだけでなく、プラスチック製のトレイやボウルなどの使い捨てカトラリーにも当てはまります。つまり、使い捨てパッケージはすべて 汚染物質として分類される。ただし、企業を含む食事の配達では広く使用されています。

ケータリング業者は、食事トレイの配達を提供することで、自社の活動分野に革命を起こしています。 再利用可能なカトラリー。この「廃棄物ゼロ」の取り組みは、ケータリングおよび食品業界の間でトレンドになりつつあります。これを導入した企業では、コラボレーションの数も増加しています。従業員に高品質の食事を提供するために、環境に配慮したケータリング業者のサービスを利用する企業が増えています。

さらに、企業への食事トレイの配送における廃棄物ゼロの取り組みは、社会への取り組みから生まれました。このシステムは、プロセスの各段階を重視する循環経済に基づいています。の 地元の製品を選ぶ 季節に応じた再利用可能な食器での食事の配達まで、すべてがひとつになった世界です。これらの決定はその後、雇用を生み出し、経済全体をサポートし、同時に CO2 排出による汚染を削減します。

環境に優しい方法でフランス製を宣伝する

依然として廃棄物ゼロの枠組みの中で、ケータリング業者は配送にフランス製の再利用可能な食器を使用しています。専門家が地元の職人と協力して、 特別な配達のお弁当をデザインする、納品可能な形式で独自の食器を作成する人もいます。配送用のさまざまなパッケージの作成におけるフランスのノウハウを強調するものもあります。

  • 個別の食事、
  • ビュッフェ、
  • 前菜、
  • 飲み物や液体の食べ物、

企業への食事トレイの配送における小さな革命の 1 つは、パッケージをデザインするための素材の選択でもあります。非常に慎重な設計のほかに、ケータリング業者は、 環境に優しい製品を扱う。配送を目的とした特定の容器は、ジャガイモの皮などの植物残渣から作られます。料理は丈夫なので、結果は非常に印象的です。衝撃を恐れず、粒子伝播のリスクなく食品の温度を維持します。この現象は実際にプラスチック材料で観察されており、健康に重大な危険をもたらします。

つまり、ケータリング業者による食事の配達は、フランス製に加えてエコロジカルなボックスで行われます。これらの容器は使い捨て包装の使用を減らすため、環境に優しいです。強調したいのは 汚染度の大幅な削減 特定の企業ケータリング業者の取り組みのおかげです。彼らは実用面を軽視することなく、環境に配慮した配送システムを構築しています。彼らのサービスは、国際規模で汚染源と言われているこの分野にとって革命である。

A lire également  フランス産業の未来