rachat de credits

購買力の低下: 信用統合が解決策だったらどうなるでしょうか?

危機を背景とした経済状況の影響は、あらゆる家庭に及んでいます。ガソリン価格の上昇と食料品のインフレにより、フランスの家庭は引き締め以上の対応を迫られている。毎月複数の支払いがある世帯にとって、月末はさらにストレスがかかります。経済的に負担を軽減する解決策を探している場合は、クレジットの借り換えが役立つかもしれません。

信用償還で借金を一本化しましょう

信用買戻し機関を見つける
多数の債権者と契約しているため、長年にわたって借金が蓄積され、経済的に行き詰まってしまう可能性があります。実際、負債比率は銀行が実行可能と考える33%を超えている。さらに、いくつかの締め切りをやりくりする必要があります。そのため、いつでも支払い遅延のペナルティが課せられるリスクにさらされることになります。つまり、複数のローンを返済しなければならないのは決して楽しいことではありません。クレジットの借り換えを利用すると、月々の支払いを 1 回にまとめて減額できるため、支払いが容易になります。返済期間の延長により可能となりました。金融機関によっては、この期間が 25 年に達する場合もあります。

負債を一本化することで得られるさまざまなメリット

信用買い戻しに加入すると、購買力が高まります。時間が経つと、月々の支払いが高額になり、残された生活費がわずかしかなくなってしまうこともあります。これにより、循環債務のスパイラルにさらにさらされることになります。単純なリボルビングクレジットや弱い銀行当座貸越であれば、許容できます。残念なことに、購買力が低いと、一般的には過剰債務につながります。財政再建により支払いの割合が減り、削減不可能な費用(教育費、社会保障費、税金など)が差し引かれると、より多くのお金を使えるようになります。

クレジットを買い直すことで、まともな生活を送ることができます。より多くの生活資金が残れば、子供たちのより良い教育にお金を払う機会が得られます。認可されていない専門家に相談したり、社会保障の対象外のケアにアクセスしたりすることができます。マダムは買い物に出かけることもでき、ムッシュは長年欲しかったDIYツールをついに手に入れることができます。お金があれば、自分にとって重要な他のプロジェクトを実行する機会が得られます。お金を節約したり、新しいクレジットを利用したりできます。

おまとめローンの対象となるローン

原則として、正式な融資機関から借りたすべてのローンは、ローン買い戻しにグループ化することができます。

  • 不動産ローン: 支払った月々の支払い回数に関係なく、本家またはセカンドハウスの購入のために借りたクレジットは、債権者によって償還されます。免税の恩恵を受けたからといって資格が変わるわけではありませんので、ご安心ください。
  • 車のクレジット: 車を購入するために借りた場合でも、二輪車を購入するために借りた場合でも、この借金は一括返済と組み合わせることができることを知ってください。これはトラクターやユーティリティビークルを購入した人にも当てはまりますが、専門家向けのアプローチが必要です。
  • 消費者金融は金融再編の対象となっている。これらには、学校ローン、旅行融資、当座貸越制度、家具店への契約などが含まれます。

クレジット償還のいくつかの特殊性。

クレジットの償還は主に個人を対象としています。専門的な文脈で行われたローンは除外されます。とはいえ、仕事のために行われたこれらの投資にはバンドル オプションがあります。請負業者の責任を引き継ぐ団体は、支払い遅延やURSSAF債務に対して介入することもできる。この恩恵を受けるには、自営業者、職人、会社経営者の地位を持っているか、自由な職業を実践している必要があります。いずれにせよ、信用ブローカーとの面談とオンライン シミュレーションによって、この問題についてさらに明らかになるでしょう。

ローンの買い戻しにゼロ金利ローンを含めることは関係ありません。さらに、この融資は除外リストに含まれています。債務超過の世帯も対象外となる。消費者法第 L 711-1 条および L 712-2 条では、彼らの状況を非専門職の債務を完全に支払う能力がない状態と定義しています。これは失業やその他の生命の危険が原因である可能性があります。さらに、支払いインシデントファイルに登録されている人々は、その要求が債権者によって拒否される可能性があります。

A lire également  信用買い戻し: どのローンを統合できますか?