situation juridique cbd en europe

CBD の現在の法的状況

JustBob で安い CBD を見つける

  • 心を落ち着かせる
  • リラックスした状態を促進する
  • 慢性的な痛みを和らげる
  • 不安やストレスを軽減する
  • 免疫システムを高める
  • 健康的な消化を促進するために
  • てんかん発作を軽減する
  • 精神障害を治療する
  • めまいや嘔吐を和らげる
  • 感染症や炎症と戦う

CBD オイルは、変形性関節症やてんかんなどのさまざまな病気にも良い影響を与える可能性があります。

医療目的のCBDオイルと現在の法的状況

CBDオイルの効果に対する人気が高まっているということは、CBDオイルの医療目的での使用がさまざまなレベルで多くの国で合法化されていることを意味します。 CBDオイルの治療効果への認識により、CBDオイルの非犯罪化・合法化の世界的傾向が急速に世界中に広がる中、CBDオイル産業は急速に成長しており、投資家、製造業者、研究者から多くの注目を集めています。 CBDオイルが注目を集めているのは事実ですが、それが単なるウェルネスの誇大宣伝ではないことに専門家は同意しています。現在、市場には、さまざまな強さ、フレーバー、香り、サイズのさまざまな製品を提供するブランドが溢れています。しかし、一部のオンライン販売者、店舗運営者、生産者にとっては、不明確なルールが依然として問題を引き起こしています。ヨーロッパと米国における CBD オイルの法的地位について詳しく知りたい方は、以下をお読みください。

CBDとは何ですか?なぜCBDがこれほど人気になったのでしょうか?

大麻植物には 100 を超える天然成分が含まれており、それらが相互作用して人体にさまざまな影響を与えます。これらすべての成分の中で、CBD と THC が最も使用され、研究されています。どちらも同じ化学組成と優れた治癒特性を持っていますが、体への影響は異なります。おそらくTHCについて聞いたことがあるでしょう。これは主な精神活性成分であり、マリファナに関連した「高揚感」をもたらすものです。一方、CBD(カンナビジオールの略)には向精神作用がないため、使用者がハイになることはありません。このため、CBDは特定の身体的および精神的な病気に対して大きな医学的可能性を持っています。大麻植物は、何千年もの間、さまざまな文化で薬用に使用されてきました。しかし、過去10年間でCBDオイルは注目を集めてきましたが、その主な理由は、CBDオイルには複数の医療用途があり、非常に軽い副作用があることを示す事例証拠によるものです。

CBDは、吐き気の軽減、痛みの管理、ストレスや不安の軽減、てんかんなどの特定の病気の症状の治療など、患者がさまざまな病気や障害を克服するのに役立ちます。がん患者の治療にも関係しているとされています。 CBD の多くの自然な健康上の利点に関する研究の量は日に日に増加していますが、CBD が正確に何であり、誰を対象としているのかについては、依然として多くの混乱があります。多くの人は CBD の効果、安全性、合法性について知らないため、CBD 製品に対する否定的な偏見が生じています。

法的地位は国ごとに大きく異なりますが、CBDの受け入れは世界中で増加しており、何百もの新しい企業が局所薬から化粧品に至るまで、大量のさまざまな製品を市場に販売しています。そのため、その偏見は息を呑むようなペースで消えつつあり、CBDが主流になりつつあるようです。

EUにおけるCBDオイルの法的状況

欧州連合には、大麻および関連製品の合法化に関して独自の規則があります。実を言うと、EUの最高裁判所であるCJEUは2020年11月、入手可能な科学データに基づいて、CBDは人間の健康に向精神性や向精神性の有害な影響を及ぼさないと考えられるため、CBDは麻薬ではないとの判決を下しました。この決定は、ヨーロッパの CBD 合法化業界にとって大きなマイルストーンとなりました。しかし、それぞれの政府は、自国における大麻および大麻由来製品の合法化に関して独自の解釈と決定を下し続けています。いくつかの例外を除いて、CBD はヨーロッパのほぼすべての国で合法です。ただし、他の人よりもリベラルな人もいます。たとえば、CBDはオランダやチェコ共和国で簡単に購入でき、人々は大麻製品を自由に携行できます。

CBDは動物用の代替精神安定剤ですか?

車での長距離移動や大晦日の騒がしい日は、飼い主もペットも同様にストレスを感じます。本当に楽しい経験が心配事で影を潜めないように、ペットの飼い主の中には最愛の子にCBDオイルを与える人もいます。これによりストレスレベルが軽減されます。車での長距離移動中の吐き気も寄付によって軽減されるはずです。効果を高めるために、次のイベントの約1週間前にCBDオイルを投与することが推奨されています。

ペットを購入する際に飼い主が考慮すべきこと

アマチュアはCBDオイルがフランスでも合法であることを知るでしょう。 ヨーロッパ、異なる濃度を提供します。濃度が高いほど、使用する滴数が少なくなります。興味のある方は、5~10%のCBDオイルからお選びいただけます。購入する場合は、高純度を約束する製品を選択することが特に重要です。

A lire également  2020 年の成功の拡大にもかかわらず、オンラインカジノは依然として禁止されています