Ici, vous avez 13 superbes jeux proposés dans l'eShop

eショップで提供されている13の素晴らしいゲームを紹介します

Nintendo Switch のビデオ ゲームがセールで販売されるのを見るのはあまり一般的ではありません。だからこそ、私たちは任天堂のコンソールに新たな販売の波が到来することを常に両手を広げて歓迎しています。 2月25日までは、 「あなたのゲームは続く」プロモーション eショップで入手可能な何百ものタイトルの価格が引き下げられました。

それらの中には非常に重要なものもあり、コレクションに欠かすことはできません。 以下の選択肢を残しておきます 割引を利用して何かを入手したい場合。

  • アドバンス ウォーズ 1+2: リブート キャンプ 39.99ユーロ (59.99ユーロ以前)。 Game Boy Advance の古典的な Advance Wars は、新しいグラフィックスを使用して、当時の偉大な戦略ゲームを特別なものにしたすべてを維持しながら、ゼロから作り直されました。
  • 冒涜的な2ポルト 20.09ユーロ (29.99ユーロ以前)。スペインの民間伝承にインスピレーションを得た世界で、グロテスクな敵や最後のボスと戦う、ワイルドで挑戦的なメトロイドヴァニアに悔い改めが帰ってきます。
  • スーパードンキーコング トロピカルフリーズ より 39.99ユーロ (59.99ユーロ以前)。最初に Wii U でリリースされたこの新しいバージョンには、数十のカラフルなレベルとファンキー コングの追加を含む 2D プラットフォーム アドベンチャーのすべてのコンテンツが含まれています。
  • ファイアーエムブレム 風花雪月 39.99ユーロ (59.99ユーロ以前)。多くの人にとって、最高のファイアーエムブレムは、それぞれ独自の経験、戦略的な戦闘、キャラクターを持つ 3 つの異なる視点から語られる忘れられないストーリーで作られています。
  • New スーパーマリオブラザーズU デラックス バイ 39.99ユーロ (59.99ユーロ以前)。任天堂の配管工をフィーチャーした最高の 2D アドベンチャーの 1 つで、4 人用のマルチプレイヤーがあり、New スーパー ルイージ U のすべてのコンテンツも含まれています。
  • ペーパーマリオ 折り紙の王様 39.99ユーロ (59.99ユーロ以前)。ペーパーマリオは、その比類のない芸術的な部分、カリスマ的なキャラクター、パズル、戦い、そしてたくさんのユーモアを備えたこの素晴らしい冒険を私たちに残してくれます。
  • ペルソナ5 ザ・ロイヤル 29.99ユーロ (59.99ユーロ以前)。アトラスの並外れた JRPG の決定版で、より多くのキャラクター、メイン ストーリーの拡張、およびいくつかのゲームプレイの改善が含まれています。
  • ローグ レガシー 2 14.99ユーロ (24.99ユーロ以前)。 Cellar Door Games の素晴らしいローグライトの続編で、新しい敵、ゾーン、クラスを選択でき、独自のポジティブおよびネガティブなスキルと特性を持つ非常に多様なキャラクターが登場します。
  • ソニック スーパースターズ 35.99ユーロ (59.99ユーロ以前)。ソニックとその友達は、この物語の最も古典的なタイトルを彷彿とさせる素晴らしい 2D プラットフォーム アドベンチャーにサインアップします。このアドベンチャーでは、最大 4 人が 1 つのゲームに参加できます。
  • スプラトゥーン3 39.99ユーロ (59.99ユーロ以前)。新しいゲームモードが満載で、マルチプレイヤーが引き続き強みであるこの物語の第 3 部では、武器をしっかり装填してノンストップでインクを発射しましょう。
  • スーパー マリオパーティ 39.99ユーロ (59.99ユーロ以前)。楽しいパーティーを体験するのに最適なゲームです。他の 3 人の友達に電話して、数十のミニゲームで誰が一番上手か競ってみましょう。
  • トライアングル戦略 39.99ユーロ (59.99ユーロ以前)。ファンタジーの世界を舞台にした高品質の戦術ロールプレイング ゲームで、各ゲームをユニークにするプレイヤーの決定に影響される物語を備えています。
  • ゼノブレイド 3 por 39.99ユーロ (59.99ユーロ以前)。広大なファンタジーの世界を舞台にした並外れた JRPG で、記憶に残るプロット、エキサイティングな戦闘、壮大なサウンドトラックが特徴です。

A lire également  Marvel のウルヴァリンは、Insomniac Games のスパイダーマンと同じ世界に属します。ファンタスティック・フォーを見る余地はありますか?