logiciel erp

ERPの定義

企業の情報システムを統合する ERP は、何よりもソフトウェア ソリューションです。 Enterprise Resource Planning は、データベースの周囲にさまざまな機能コンポーネントを統合します。複雑で時間とスキルが必要ですが、実装すると明らかな投資収益率が保証されます。

ERP またはエンタープライズ リソース プランニング ソフトウェア

ERP プログラムはアメリカ企業のニーズに合わせて発明されました。英語の頭字語は、企業のリソースを計画することを使命とする管理ソフトウェアを指します。このソフトウェア ソリューションの導入により、企業は購入をより適切に調整できるようになります。同時に、彼女は在庫、販売だけでなく、生産と顧客対応も管理します。

ERP ソフトウェアは、何よりも単一のデータベース内に情報を一元化することを目的としています。モジュールにまとめられています。したがって、ある部門のアクションを同じ会社の他の部門がフォローすることができます。統合されたプラットフォームにより相乗効果が向上します。たとえば、販売者が顧客と契約を締結すると、その操作は在庫の動きだけでなく会計にもすべてリアルタイムで記録されます。

このソフトウェア ソリューションを導入する十分な理由

ERP ソフトウェアの主な利点は時間の節約です。データをバインダーに手動で入力する必要はなくなりました。そうすれば、人事は複数の登録に携わることはありません。この統合された IT ソリューションのおかげで、データの複製を簡単に行うことができます。通常のソフトウェアよりも精巧なシステムにより、情報はより安全になります。間違いや改ざんは紙に比べてはるかに少ないです。

ERP が登場する前は、大企業は管理コントローラーを動員する必要がありました。彼らは手順の検証にフルタイムで責任を負います。彼らの使命は、録音が正しく行われていることを確認することでもありました。特定のタスクを自動化することで、企業の収益性が高まります。スタッフは事務手続きから解放され、業務の核心に集中できるようになります。全体的なパフォーマンスはそこにあります。

集中管理プラットフォームの原価

従来の管理ソフトウェアとは異なり、ERP の導入には専門家の介入が必要です。専門家が、インストールが完了し、設定が正しく実行されることを保証します。導入には、導入されている情報システムの見直しが必要です。ほとんどの場合、開発はテスト環境で行われます。さらに、提供されるソリューションは、活動分野の要件を満たさなければなりません。

ERP のインストールにはユーザーのトレーニングが必要です。従業員は中期的に研修を受けます。これらすべての詳細は、統合管理ソフトウェア パッケージが依然として高価であることを意味します。価格はかなりの投資になります。そのため、導入を希望する経営者は、発生した費用に見合った利益が得られるかどうかを確認する必要があります。そうすれば、ユーザーはいつでもより手頃な価格の SaaS プラットフォームに移行できます。

ERP について知っておくべきその他の詳細

エンタープライズ リソース プランニング プログラムは、管理者の意思決定に役立ちます。財務、商業、生産機能を要約したダッシュボードを提供します。同時に、この一元化により、会社の目標に集中し続けることが可能になります。 ERP ソリューションの発行元は数多くありますが、最もよく知られているソフトウェアは依然として Netsuite、SAP、Holded です。

CRM と混同しないように、ERP は顧客関係だけに焦点を当てているわけではありません。とはいえ、マーケティング戦略の調整など、どちらも同様の目標を持っています。 Petite-Entreprise.net などの専門サイトでは、VSE や SME に適したソフトウェア ソリューションに関する詳細情報を提供しています。

A lire également  定義 マイコン