google agenda

Google カレンダー、組織専用のこのツール上の完全なファイル

あなたの時間は金の価値があるため、Google カレンダーを使用すると、実用的かつ楽しい方法で時間を管理できます。 Android を搭載したスマートフォンにプリインストールされているこのツールを使用すると、すべてをノートに書き留めたり、厚紙のカレンダーに走り書きしたりする必要がなくなります。 3000 年目には、テクノロジーによってさまざまな面で仕事が楽になりました。

時間を管理するための Google 署名付きデジタル カレンダー

Google が公開しているカレンダー ツールは、多くの機能を備えたデジタル カレンダーです。そこに予定を記載できます。愛する人の誕生日を思い出すのにも最適な味方です。通知システムにより、忘れ物を防ぐことができます。このアプリケーションは携帯電話と互換性がありますが、タブレットやコンピュータの所有者にも適しています。

Google カレンダーはインタラクティブであるというメリットを持ち、共有することができます。この機能は、スケジュールの管理を第三者 (この場合は秘書や同僚) に委託する必要がある人に役立ちます。また、このアプリを使用すると、忙しい保護者がそれぞれのメモを交換することで子供たちと整理整頓することができます。

このデジタルメモ帳の強みはそのシンプルさにあります。更新の過程で、発行者はデジタル ツールを以前よりも複雑にすることなく機能を追加しようとしています。それどころか、さまざまな改善により、日常生活がより快適になります。さらに、このアプリは、少なくとも永続的にはインターネット接続なしでも簡単に使用できます。

スマートフォンですぐに使えるツール

Agenda を使用するには、Google アカウントまたは Gmail アドレスが必要です。これら 2 つの条件により、ネイティブ Android アプリケーションへの直接アクセスが許可されます。接続後、ユーザーはモバイル オペレーティング システムに表示されるプログラムのリストでそれを見つけます。それ以外の場合は、calendar.google.com にアクセスして登録してください。このプロセスは完全に無料であり、ほんの一瞬しかかかりません。

Google カレンダーは、ユーザーにとって作業を簡単にすることを目指しています。このように第1の開口部から構成される。このすぐに使えるツールには、最初に最小限の 3G または ADSL 接続が必要です。その後、いつでもオフラインで使用できるように設定を調整することができます。いくつかの簡単な操作で操作が変更されますが、何よりもアプリの外観が最適化されます。たとえば、青がデフォルトの色ですが、他のテーマも試してみる価値があります。

Google カレンダー (別名アジェンダ) のプレゼンテーションには、今月の重要な日付が表示されます。それはまた、祝日を思い出させます。家族や専門的なイベントが含まれる場合があります。ユーザーには、重要な名前や住所などの毎日のメモを記録するオプションがあります。

他の予定や以前のメモをエクスポートする

多くの Android スマートフォン ユーザーは、この統合カレンダーの存在をよく知っています。その一方で、接続されたオーガナイザー機能のおかげで実際にそれを活用し、生産性を上げている人はほとんどいません。ほとんどの人はカレンダーを見るだけです。ただし、このアプリケーションの機能は控えめに言っても驚くべきものです。データのエクスポートなど、いくつかのコマンドを使用する権利があります。

Google カレンダーは、白紙の状態から始めなくても始めることができます。すでにOutlookやApple Calendarタイプのシステム手帳をお使いの方は、コンテンツをインポートすることができます。このプロセスはまだ簡単ですが、コンピューター上でのみ実行してください。具体的には、ソースプログラム上で「エクスポート」ボタンを探す必要があります。これはメニューにあります。

サードパーティのカレンダーからエクスポートされた連絡先、日付、メモは複数の形式を取ることができます。それは表またはテキストです。いずれにせよ、Google カレンダーには、この情報を置き換えるために必要なリソースが備わっています。理想的には CSV を選択することです。これにより、互換性の問題が回避されます。 Mac ユーザーは、コンテンツをインポートする前に vCard 形式を確認することもできます。

優れた互換性と簡素化された構成

アジェンダは、Android のデフォルトのカレンダーおよびメモ帳として設定されています。 iPhone または iPad ユーザーの場合は、[設定] から手動で調整する必要があります。また、ツールの利用を開始する前に、Google アカウントからログインする必要があります。この手順が完了すると、PC 上の時間管理プログラムまたは Gmail からデータをインポートできるようになります。

設定はすべての端末 (モバイルおよび固定) で同じままです。特に、ユーザーがいる地域だけでなく言語も設定する必要があります。そのため、Google は、ネイティブ ブラウザである Chrome によって収集されたデータからこれら 2 つの詳細を自動的に判断します。ユーザーはいつでも地理的位置を変更できます。

タイムゾーンは、Agenda の動作にとって非常に重要です。アプリはモバイル ネットワークのネットワークを検出します。旅行中の場合、時計は自動的に現地時間に調整されます。プログラムは電話機の基本情報に基づいて設定を行いますが、主に IP アドレスを考慮します。これらの詳細は、必要に応じて手動で変更できます。

誕生日を覚えて会議を短縮するため

Agenda の有用性は通知に基づいています。このプログラムは、友人の誕生日や両親の結婚記念日などのイベントを思い出すように設計されています。このデータはユーザーの都合に応じて記録されます。取り扱いは最初は複雑に思えるかもしれませんが、すぐに日常的なものになります。

家族やあらゆる種類の記念をハイライトするアプリは、忙しい人にとって非常に有益です。 「空中の頭」は、さまざまな専門的または家庭用のタスクにも使用できます。このツールを使用すると、願い事やハグの時間を制限することもできます。設計者は、休憩としては 15 ~ 120 分あれば十分であると推定しています。

Google カレンダーの目的は、重要なイベントを記憶することではありません。この機能に加えて、ビジネス会議を調整することで生産性の管理にも役立ちます。メモ帳には、会議の開始時刻と終了予定時刻が記載されています。このようにして、ユーザーは、その日のスケジュールが忙しい場合でもストレスを軽減できます。

Chrome 拡張機能と組み合わせることで、より実用的になります

Google カレンダーの機能は、他のアプリケーションやプラットフォームとの同期により拡張されます。 Chrome 拡張機能はこれを支援するように設計されています。 Checker Plus は、互換性の問題を回避するのに十分な機能を提供します。すべてが 1 ページまたは単純なポップアップ ウィンドウに表示されるため、簡潔であるという利点があります。

PC 版の Google Chrome を使用している場合は、検索バーを使用してメモを追加する必要があります。具体的には、「cal」と入力し、イベントに関する情報をすべて記録するだけです。日付、時刻、その他多くの詳細が記載される場合があります。毎月繰り返されるプログラムは、「ドラッグ アンド ドロップ」機能を使用してコピーできます。

いずれにせよ、Checker Plus は完全に無料の便利なアドオンです。豊富なカラーバリエーションから自由にカスタマイズできます。通知、ボタンの外観、さまざまな詳細をこの必須の日常管理ツールで設定できます。

もっと機能が欲しい方へ

Google カレンダーに代わるものがいくつか市販されています。さらにプロフェッショナルなオーガナイザーを求める人にとって、より強力な機能を提供します。

  • Google カレンダー プラスは、そのカスタマイズ オプションで際立っています。特に、表示する日数を決定できます。会議のデフォルトの期間など、さまざまな制御がすでに導入されています。この拡張機能を使用すると、週末だけでなく祝日も非表示にすることができます。ユーザーは、使用したい機能をアクティブにする必要があります。
  • Event Merge は、もう 1 つの Google カレンダー拡張機能です。 PC 版で複数のカレンダーを開いているときに、イベントの重複を避けるのに役立ちます。それらをマージして問題を解決するには、この補完的なツールをお勧めします。また、カラーコードなどの情報も保持されます。
  • TeamCal は究極のプロのオーガナイザーです。これには正当な理由があり、単一のダッシュボードで複数人の時間を管理するために使用されます。マネージャーやチームのリーダーは、ガント チャートで示される彼の現実主義を高く評価しています。言い換えれば、リーダーはチームの各メンバーの空き状況をすぐに知ることができます。

A lire également  Google ドライブ: Google のクラウド ストレージ