HP se lance désormais dans le secteur de la location d'imprimantes

HPがプリンターレンタル事業に参入

テクノロジーが電光石火のスピードで進化する世界で、HP は自らを再発明し、プリンターの所有と使用についての新しい考え方を提供しています。この大きなニュースは、同社の CEO であるエンリケ・ロレス氏から最近明らかになりました。 HP オールイン プランは、プリンターとの関係に革命を起こすことを目的とした革新的なサブスクリプション サービスです。

コンセプトはシンプルですが大胆です。プリンターを購入する代わりに、レンタルしてみてはいかがでしょうか。このアイデアはサービスを彷彿とさせます インスタントインク すでに HP によって提供されており、ユーザーへのインクの定期的な配送が保証されています。しかし HP オールイン プラン プリンター自体をサブスクリプションに統合することでさらに前進します。そのため、陳腐化や故障について心配する必要はもうありません。月額料金を支払うだけで、HP がすべての処理を行います。

選択したプランに応じて、月額 20 ページの印刷で 6.99 ドルから 700 ページで最大 35.99 ドルまで、最も控えめな HP Envy から強力な OfficeJet Pro まで、ユーザーのニーズに対応するプリンター モデルが提供されます。柔軟性も重要です。ページ割り当てを超過した場合、HP は最小限のコストで追加の補充を提供します。

ただし、このシステムはレンタルと同様に 2 年間の契約に基づいており、購入のオプションはありません。ユーザーが契約終了前にジャンプシップを決定した場合、終了時期に応じて最大 270 ドルの手数料が適用される場合があります。

HP は、この提案以外にも、プリンタが消費者のフラストレーションの原因となり得ることを強調するコミュニケーション キャンペーンに期待しています。したがって、同社は次のようなメリットを提供して、安心したエクスペリエンスを約束します。 迅速な交換 障害や継続的なメンテナンスが発生した場合に備えて、永続的なアップデートや互換性の問題に対するソリューションを提供します。

この取り組みは明らかに、プリンターの購入に必ずしも関心を持つのではなく、むしろ安心と利便性を重視する幅広い聴衆にアピールすることを目的としています。これは、同社がテクノロジーに伴う煩わしさにうんざりしている消費者の現代の期待にどのように応え、心強い代替手段を提供するつもりであるかを完璧に示しています。

そこで、HP はプリンター管理の繰り返しの問題に直面して、新しいソリューションを提供します。 HP オールイン プラン 必要悪と考えられがちな製品のイメージを変えることを目指し、革新性と使いやすさを組み合わせたオーダーメイドの対応です。このアプローチは、印刷の世界における二分法、つまり機能のシンプルさの追求と、特定の技術的依存の受け入れとの間の二項対立を浮き彫りにします。消費者が印刷面を気にすることなく、新時代のこの約束に魅了されるかどうかはまだ分からない。

A lire également  Reddit からの最初の Vision Pro レビューが公開されました。