technologie information

IT 別名情報テクノロジー – 完全なファイル

IT 別名情報テクノロジー、完全なファイル

情報技術があなたの日常生活に押し寄せます。これらは、一連の発明や専門分野を超えて、通信ソリューションのプロバイダーにとって対処すべき課題です。このデジタル産業は、人類を石と青銅の時代の次にコンピューティングの時代と呼ばれる時代に突入させます。この記事では、IT の世界についてすべてを説明します。

ITは情報を知りたいという人間の自然な欲求から生まれました。

テクノロジーの観点から見ると、IT は、情報を保存、取得、配布するためのシステムまたはソリューションの使用として定義されます。最初のコンピューターが登場するずっと前から、穴居人は仲間の人類や後世にメッセージを伝えようとしていました。彼は、洞窟壁画で当時の生活様式を不滅のものにするという確実な方法を見つけました。この角度から見ると、IT は 65,000 年前に、古風ではあるが効果的な方法を使用して作成された図面によって誕生しました。

  • -紀元前 2697 年: 中国の哲学者ティエン・リュチュウは、自分の思考の痕跡を残すために黒いインクを作成しました。
  • 1945年: 最初のコンピュータープログラムが作成されました。これは、1936 年にアラン・マシソン・チューリングが想像したモデルを改良したものです。
  • 1946: コンピューターの祖先である ENIAC が冷戦雰囲気の中で技術競争を開始します。
  • 1973: 単一企業内の複数のワークステーション間の交換を容易にするためにイーサネットが発明される
  • 1975 年: パーソナル コンピューター (PC) は、コンピューター技術の高速化を示します。
  • 1993: CERN が World Wide Web を創設。当時のメディアは、インターネットのおかげで知識や情報のスーパーハイウェイが民主化されたと話題にしていました。
  • 2019: 中国の 5G ネットワークは、世界の 2 つの主要大国の間の対立を具体化します。

コンピューターは情報技術の現代的な定義につながります

現代の IT は、大量の情報を管理するためのコンピューター システムの使用として定義されます。これらはコンピューターのような物理デバイスですが、非物質化されたストレージおよび交換スペース (クラウド) でもあります。バイナリ コードに依存する惑星ネットワークの構築のおかげで、すべてが接続されています。通信インフラは中継アンテナ、衛星、大陸間光ファイバーケーブルに基づいています。 1 GB/秒に達する 5G は、この熱狂的な競争において新たな転換点となるでしょう。

情報技術は石からインク、そしてコンピュータープログラムへと移りました。コンピューターの後には、日常の物も欠かせません。冷蔵庫、テレビ、車、時計など、IT から逃れられるものは何もありません。この機器は WiFi 信号を捕捉し、ユーザーに関する情報を収集して保存します。 Web に接続すると、データを第三者に送信することもできます。この情報は、より多くの製品を消費者に提供するために顧客をより深く理解する方法を見つけているブランドにとっては嬉しいものです。

デジタル業界における一連の専門職

情報技術の目覚ましい進化は、新しい職業を犠牲にして実現しました。これらのスキルは、デジタル形式で保存された情報を作成、管理、保護するために不可欠です。 IT の世界では、10 年以内に 150 万人の追加雇用が必要になりました。これは米国の会計です。フランスでも、10年前には知られていなかった職業が登場している。現在、この業界では年間 350 万件のポジションを埋める必要があります。特定の専門分野でも実際に不足しています。

  • ITプロジェクトマネージャー : このエンジニアは、大企業のデジタル戦略を計画、編成、開発します。洋上でも運用可能です。
  • ソフトウェアアーキテクト : この高度な資格を持つ技術者の使命は、何よりも複数の開発者の作業を調整することです。
  • コミュニティ管理者 : このコミュニケーション専門家は、ブランドのデジタル アイデンティティを担当しています。彼はソーシャルメディアキャンペーンを管理しています。
  • SEO SEO : 検索エンジンでの掲載にはフルタイムの人員を雇用する必要があります。
  • サイバーセキュリティマネージャー : コンピュータの脅威はどこにでも存在します。セキュリティ専門家には、既存のデジタル構造を無敵にする義務があります。
  • ネットワーク技術者 : イントラネットおよびインターネットのスペシャリストは、他の管理者と協力して、内部および外部の接続が最適な状態に保たれるようにします。
  • ビッグデータアナリスト : 考えられるあらゆる方法で収集された情報は、顧客志向のマーケティング戦略を開発するために分析されます。
  • モバイルアプリケーション開発者 : この仕事は、世界を携帯電話の画面にさらに「釘付け」にすることで構成されています。
  • オンラインカスタマーアドバイザー : テレオペレーターは IT 業界の柱の 1 つです。彼は、毎日の売上高を生み出した最初の人物の 1 人です。
  • ITコンサルタント : この専門家は自分で活動することも、代理店から活動することもできます。この提案力の強さにより、ブランドは特定の目標を確実に達成できます。

情報産業はどのような結果をもたらすのでしょうか?

情報産業は経済の手段です。それは価値を生み出し、無数の雇用をもたらします。これは急速に成長している分野です。 IT 業界の新興企業のリーダーは 10 年以内に億万長者になります。技術革新を支援したい株主も同様です。そうは言っても、この道を歩み始めた多くの企業は、出現するとすぐに消えてしまいます。製品の進化は非常に速いため、12 か月後には時代遅れになります。この突進は経済全体を弱体化させ、何百万人もの人々が常に時代に適応することを強いられています。最後に、最大のリスクは依然として私生活への侵入です。 IT は個人情報の盗難を促進し、思考と行動の自由を侵害する危険があります。

A lire également  iCloud: iCloud とは何ですか?またその仕組みは何ですか?