picture-prospecter-linkedin

LinkedIn: より良い見込み客を見つけるための 3 つのヒント

ソーシャル ネットワークは今日最も人気のあるチャネルの 1 つであり、多くの人に好まれています。実際には、40 億人以上のユーザーがいます。これは世界人口の半分強に相当します。ソーシャル ネットワークがこれほど高く評価されているとすれば、それはその多用途性のためです。商業用など様々な用途でご利用いただけます。この目的に最も適したものの中に、LinkedIn があります。このネットワークでの見込み客の開拓を改善するためのアドバイスをいくつか提供します。

LinkedIn で自動プロスペクティングを選択する

プロスペクティングは、新しい潜在顧客 (見込み客) を検索するための一連の手法です。その定義は単純であっても、実際にやってみると複雑で、何よりも時間がかかります。専門家向けソーシャル ネットワーク LinkedIn では、この設定は引き続き有効です。戦略を適用すると、オンライン時間を大幅に延長できます。ただし、プロセス全体を自動化することで仕事を簡素化できる可能性があります。これは自動探査によって可能になります。

ターゲティングの改善

ターゲティングは見込み客の開拓における重要なステップです。これは、さまざまなテーマに基づいて適切な見込み客を特定することで構成されます。自分で行う場合は、LinkedIn データベースを検索するのに何時間も必要になります。この不都合を回避するには、次のことができます。 ProspectIn Web サイトにアクセスしてください どのようにして このタスクを自動的に実行できるソフトウェア。これにより、貴重な時間を節約しながらターゲティングを最適化できます。

ネットワークを拡大する

LinkedIn で見込み客を見つけるということは、知名度を高めるためにネットワークを拡大することも意味します。ただし、表示されたままにするために、この拡張機能は正しい方向を向いている必要があります。自動化された見込み客調査ツールを使用すると、自分のプロフィールと専門知識を業界の意思決定者にアピールできます。接続リクエストは、多数の基準を分析した後に送信されます。このようにして、あなたは ビジネスチャンスを創出します。

パーソナライズされたメッセージの送信

見込み顧客と接触するには、プロスペクティングが不可欠です。後者は非常に重要であり、彼らの興味を引くことができます。自動見込み客ツールを使用すると、パーソナライズされたメッセージでアプローチを洗練できます。目標は、完全に安全な状態で応答率とパフォーマンスを向上させることです。

LinkedIn 自動探査ソフトウェア

視認性を高める

可視性が高ければ、LinkedIn での見込み客の開拓がさらに容易になります。このおかげで、あなたのメッセージはより多くの範囲に届き、適切な人に届くようになります。これを実現するにはいくつかの方法があります。

質の高いコンテンツを共有する

これは、LinkedIn で目標を達成するための最も明白なオプションです。他のソーシャル ネットワークと同様に、あらゆる種類の情報の公開を促進します。これらにより、訪問者はあなたの活動や会社を知ることができます。コンテンツを共有することも最良の方法です。 自分をその分野の専門家として位置づける。したがって、その品質と多様性を確保する必要があります。重要なのは、単調さを避けて注意を引くために、コンテンツの種類を変えることです。

グループに参加する

LinkedIn には、さまざまなテーマに基づいて形成された専門家グループが多数あります。あなたと同じ興味を共有するメンバーのグループに参加すると役に立ちます プロの輪を広げる。ただし、慎重に選択し、何よりもコミュニティに不可欠な一員となることを目指してアクティブであり続ける必要があります。これには、ディスカッションに参加したり、作成されたイベントに参加したりすることが含まれます。必然的に新しい接点が生まれます。プロセスの結果を最大化するには、主に潜在顧客で構成されるグループをターゲットにします。

LinkedIn プロフィールを最適化する

LinkedIn プロフィールは最も重要です。これは、訪問者があなたのビジネスについて詳しく知りたいときに最初にチェックする要素です。したがって、可能な限り最高の印象を残すためには、慎重に設定する必要があります。

写真の選択については慎重に検討してください

LinkedIn プロフィールは、カバー写真とプロフィール写真という複数の写真で構成されています。後者は、あなたが示している真剣さとプロフェッショナリズムを伝えるのに役立ちます。ユニークでユニークなものになるよう、その機会に合わせて特別に作成することをお勧めします。 非常に良い品質

ネットワークの精神と目的との一貫性を保つためには、従うべきルールが数多くあります。たとえば、「自撮り写真」は LinkedIn プロフィール写真として最悪の選択肢の 1 つです。カバー写真はバナーとも呼ばれ、あなたのアクティビティに関連して訪問者を位置づけるのに役立ちます。一貫性を保ちながら、可能な限り最良の方法でそれを表現する必要があります。このためには、テキストが含まれていることが望ましいです。

情報にキーワードを挿入する

プロフィールは写真以外にも、フィールドに記入して提供するさまざまな情報で構成されています。それには必要なすべての注意を払い、何よりも自分のアクティビティに関連するキーワードをできる限り使用する必要があります。これにより、LinkedIn で SEO を最適化する

A lire également  Capcut: ビデオ編集を成功させるためのガイド