Techpout Logo

Linux サーバー用のコントロール パネルは本当に必要ですか?

Web サーバーを扱うすべての人が一度は自問する疑問の 1 つは、Linux サーバーの管理に Linux コントロール パネルが不可欠かどうかです。この質問に対する答えは非常にデリケートです。 Linux コントロール パネルを使用して Linux Web サーバーを管理する場合のメリットとデメリットのどちらが重要かによって異なります。

この記事では、Linux Web サーバーを管理するために Web ホスティング コントロール パネルをインストールすることの長所と短所について説明します。また、これらに基づいて制御盤の設置が必須かどうかを判断することができます。さらに、ispmanager などの Linux コントロール パネルが、コントロール パネルに関連する認識されているリスクを克服するのにどのように役立つかについても説明します。

Web ホスティング コントロール パネルを使用する必要があるのは誰ですか?またその理由は何ですか?

インターネット上に 1 つ以上の Web サイトがインストールされたサーバーを持っている人は、Web ホスティング コントロール パネルを使用する必要があります。なぜコントロール パネルを使用する必要があるのか​​疑問に思われるかもしれません。それは簡単です。コントロール パネルは、Web サーバーのオプションを管理、構成、制御するためのインテリジェントなツールであるため、不可欠です。

Linux Web ホスティング コントロール パネルを使用すると、サーバーの機能をインターネット上のアクセス可能な 1 か所で管理できます。コントロール パネルの柔軟な機能は、技術的な知識やスキル レベルに関係なく、専用サーバーまたは仮想プライベート サーバー、共有アカウント、Web サイトに簡単な変更を確実に実装できるように設計されています。

Linux コントロール パネルを使用すると、初心者、デスクトップ ユーザー ホスティングの専門家、Web 開発者、プロのシステム管理者であっても、トラブルシューティングや問題の解決、サーバー上でのその他の日常タスクの実行が容易になるため、理想的です。さらに、電子メール アドレスの作成などのタスクの自動セットアップが必要な場合は、コントロール パネルを選択する必要があります。ただし、コントロール パネルを使用すると、特定の方法で物事を行うことができるため、自分のやり方で物事を行うことができなくなる可能性があります。

Linux コントロール パネルのグラフィカル ユーザー インターフェイスと組み込みツールにより、サーバー上でホストされているすべてのサービスをより迅速かつ簡単に管理できます。

コントロール パネルには他にもさまざまな機能があります。また、ドメイン管理、電子メール管理、DNS 管理、データベース管理、Web サービスを起動するためのアプリケーションのインストール、ファイル管理、データ管理などに限定されません。

なぜコントロールパネルは必要ないと思いますか?

コントロール パネルがサーバーの操作を管理するのにほとんど役に立たないと人々が考える理由はいくつかあります。それにもかかわらず、多くの人は、サーバーの機能に慣れれば、サーバーを適切に管理し、外部からの攻撃を回避できると信じています。しかし、この声明は有効なのでしょうか?サーバー (主に仮想プライベート サーバー) の管理に Web ホスティング コントロール パネルが必要ないと考える人がいる理由を以下で説明します。

  • カスタマイズの自由度が低い

コントロール パネルは特定の方法で動作するように設計されているため、人々は役に立たないように感じてしまいます。したがって、コントロール パネルを使用しないことで得られるカスタマイズの可能性を活用することを好みます。

さらに、コントロールパネルを使用すると、変更を防ぐことが簡単になります。コントロール パネルを使用しないことにより、サーバーの所有者、ユーザー、管理者は、特定のニーズに合わせてサーバーのプロセスや機能を変更することもできます。

商用 Web ホスティング コントロール パネルは無料ではないため、特に月次および年額ライセンスの場合は料金がかかります。そうは言っても、無料のコントロールパネルもあります。ただし、セキュリティ、品質、技術サポート、機能性、信頼性に関して、彼らができること、そしてあなたが彼らを使ってできることには制限があります。したがって、コントロール パネルを使用している場合は、有料のソリューションである必要があります。

  • SSH がより良い代替手段です

大規模な専用サーバーの場合、Linux コントロール パネルの使用は避けられません。ただし、Secure Socket Shell (SSH) は、特に Linux オペレーティング システムで実行される仮想プライベート サーバーや専用サーバーにおいて、コントロール パネルを置き換えることができます。たとえば、システム管理者は SSH を使用して、テキストベースの端末インターフェイスを使用してリモート ネットワーク内のシステムとアプリケーションを管理できます。

システム管理者とホスティング ユーザーは、2 台のコンピュータ間で SSH を使用して、安全でないネットワーク上で安全な暗号化されたデータを通信および共有することもできます。そのため、優れたシステム管理スキルを持つ多くのホスティング ユーザーやシステム管理者は、SSH のみからサーバーを正常に管理できると考えており、コントロール パネルは必要ないと考えています。

ただし、数年のシステム管理経験がある場合は、専用サーバー上の特定の設定と機能のみを使用することを強くお勧めします。コントロール パネルを使用するとタスクの実行がより効率的かつ簡単になるため、商用 Web ホスティング ビジネスを運営している場合、SSH を使用することは現実的な代替手段ではありません。顧客は、Web サイトを管理するためのグラフィカル インターフェイスを提供してくれたことに感謝するでしょう。

多くの人は今でもコントロール パネルを外部攻撃の源とみなし、これらの攻撃を追跡するのは難しいと信じています。このステートメントは、特に特定のコントロール パネルの使用経験を積む必要がある場合に有効です。たとえば、コントロール Web パネル (CWP) の 2 つの重大なバグにより、サーバーがリモート コード実行 (RCE) の危険にさらされる可能性があります。したがって、これらのバグにより、攻撃者が 2 つの重大な CWP バグを悪用して完全な root 権限を取得し、サーバーを攻撃する可能性が高まります。ただし、安全で信頼性の高いコントロール パネルを使用すれば、セキュリティの問題を防ぐことができます。

Ispmanager がより優れており、より多用途な代替手段である理由は何ですか?

Ispmanager は、Web 開発者、ホスティング プロバイダー、システム管理者、Web サイト所有者、再販業者、エンド ユーザーに多用途で信頼性の高いソリューションを提供する Linux ベースの商用ホスティング管理パネルです。管理パネルには、顧客の技術的知識のレベルに関係なく、ホスティングに必要なすべてのものが揃っているため、顧客は共有ホスティングと仮想サーバーの両方で Web サイトのホスティングを管理できます。コントロール パネルがなぜ必要なのかを詳しく知りたいですか?読む。

技術サポートの負担を軽減

ispmanager コントロール パネルを使用すると、技術サポートの負担を軽減することが容易になります。たとえば、管理パネルを使用すると、ホスティング プロバイダーは各クライアントに同じソフトウェアと管理ツールを提供できます。さらに、管理パネルのビジュアル インターフェイスはコマンド ラインを置き換え、ユーザーがプロバイダーに連絡せずにサイトとサービスを完全に管理できる機会を増やします。

コントロール パネルの自動ツールにより管理時間も節約され、ユーザーの問題の解決に役立つ詳細なドキュメントが用意されています。その結果、テクニカル サポート チームやシステム管理者は、問題や問題が発生したときに役立つカスタマー サービスの学習に費やす時間が短縮されます。また、管理経験のない顧客を獲得することも容易になります。

平均売上高の増加

Web サービスをホストする場合、ispmanager コントロール パネルは、Web サイトの数、ディスク制限、RAM、CPU、電子メール アドレス、ウイルス対策、バックアップなど、すべてのホスティング リソースと制限を販売できるため、最適です。

このパネルでは、機能を強化する有料モジュールも提供します。これらのモジュールには、DDoS-Guard、Dr.Web Antivirus、Cloudflare が含まれます。さらに、ispmanager ライセンスの販売に関心のある再販業者やホスト向けのアフィリエイト プログラムとマーケティング サポートもあります。

ホスティングのセキュリティ

ispmanager を使用すると、管理パネルが Web サイト、メールボックス、データベース、サーバー設定、さらにはその設定を自動的にバックアップするため、セキュリティの問題を心配する必要はありません。必要なのは、バックアップ ストレージを構成することだけです。クラッシュが発生したり、ユーザーが不要な変更を加えた場合でも、プロジェクトは復元できます。さらに、管理パネルには、Web サイトを外部の脅威から保護するための包括的なツール セットが含まれています。たとえば、ispmanager には次のものがあります。

  • GUI で iptables を管理し、IP アドレスとネットワーク ポートでネットワーク接続をフィルタリングし、脅威アクターや侵入者によるアクセスからサーバーを保護する組み込みのファイアウォール。
  • 無料の SSL 証明書がインストールされ、安全なデータ転送のために自動的に更新されます。

今のあなたの決断は何ですか?

コントロールパネルの長所と短所がすべて明らかになりました。しかし、どちらがもう一方よりも勝つのでしょうか?コントロール パネルはサーバーに機能を追加し、時間を節約し、ホスティングおよび管理タスクを簡素化し、サーバーを顧客にとってより魅力的なものにします。この場合、投資する価値があり、サービスに対する信頼が高まります。したがって、サイトとデータベース、VPS/VDS、DNS、共有ホスティングの管理に役立つ Web サーバー コントロール パネルに興味がある場合は、今すぐお問い合わせください。

A lire également  ディズニープラスは今夏、パスワード共有との戦いを始める。