Litiges.fr、ストレスなく紛争を解決するためのアドレス

不動産の問題、旅行中の誤解、サービスプロバイダーの問題や隠れた欠陥のある状態で納品された商品など、紛争は日常生活の一部です。幸いなことに、Litige.fr などのサイトは、適切な法的解決策へのアクセスを容易にします。このプラットフォームは簡素化された上訴のおかげで、訴訟当事者の時間と労力を節約します。

すべての紛争は次の方法で解決できます Litige.fr

2016年以来、 Litige.fr は、できるだけ多くの人々が司法へのアクセスを容易にすることを使命と定めています。個人や専門家が家から出ることなくさまざまな問題を解決できるようになります。 1,633,852 人のフランス人と同様に、法律サービスを完全にオンラインで利用できます。

プラットフォームに預けられるファイルは非常に多様です。サービスの内容は次のとおりです。

  • 自動車:事故が友好的に解決できない場合、紛争が発生します。購入者が製造上の欠陥を発見する場合もあります。
  • 住宅や不動産の仕事も意見の相違の原因となる可能性があります。多くの家主は立ち退き手続きで助けを必要としています。
  • 医療サービスは、要介護者にさまざまな害をもたらします。そうすれば、彼らは正当に自分のものであるものを要求するために、簡素化された救済策を頼りにすることができるでしょう。
  • 労働者にとって、不当な解雇や給付金の拒否が発生した場合に、社会法弁護士の支援は非常に有益です。
  • 旅行中に、旅行会社、運送会社、宿泊施設提供者の不履行により紛争が発生します。
  • Litige.fr のサービスのリストはすべてではありませんが、財務上の問題、保険会社との問題、オンライン購入の不便さなどが含まれています。

支払う順番、知っておきたい簡単な手続き

回復手順 一方的な司法命令、支払い命令は、Litige.fr で最もリクエストの多いサービスの 1 つです。紹介の後、適格な管轄区域が決定されます 相手方当事者に支払うべき金額の支払いを要求する命令。民事訴訟法第 1405 条に従い、地方裁判所または商事裁判所がこの決定を下す管轄権を有します。

支払い命令中、裁判官は次のことを義務付けます。 債務者が借金を解決すること。この命令には法的強制力があり、裁判所の判決と同等の価値があります。それは、係争中の両当事者間の書面による合意、債務契約、またはその他の重要な証拠によって裏付けられる場合があります。特定の状況では、為替手形または約束手形が証拠書類として保管されます。

前に 支払いの注文を要求する、私たちは平和的解決のさまざまな段階を尊重しなければなりません。たとえば、友好的な解決を試みる必要があるでしょう。正式な通知の手紙を送ることも不可欠です。調停人による調停が不成立となった場合には、問題を地方裁判所に付託する必要があります。

LegalTech プラットフォームのサービスを利用する理由

フランスにはいわゆるリーガルテック企業が200社以上ある。これらのプラットフォームはオンラインのみでサービスを提供します。サービスは多岐にわたり、訴訟だけに限定されません。例えば、法律の制定を専門家に委託することが可能です。管轄裁判所に付託する前に、調停などの他の手続きを行うことも可能です。

公証人、執行吏、または弁護士は、助けを求めるクライアントに次の方法で対応します。 Litige.fr。このプラットフォームでは、原告 10 人中 6 人が勝訴しています。いずれにしても、法的サービスを利用できることは大きな利点です。そして、弁護士の回答が分かりやすいことも評価できる点です。

インターネット ユーザーの意見によれば、Web 上での購入が、プラットフォーム上で報告されている数多くの紛争の原因になっていることが示唆されています。ほとんどの場合、執行吏からの正式な通知の簡単な手紙だけで、状況を告訴人に有利に変えるのに十分です。申請者らはまた、弁護士側の素晴らしい対応にも言及した。もっと良いものは何でしょうか?

A lire également  PIM は電子小売業者をどのようにサポートしますか?