Midjourney interdit tous les employés de Stability AI pour piratage présumé de données

Midjourneyは、データハッキングの疑いでStability AIの全従業員を追放。

競争の激しい人工知能 (AI) 業界の中心で、この分野の大手企業 2 社の間で論争が勃発し、この分野のイノベーションを推進する大きな賭けと戦略的ライバル関係が明らかになりました。 AI 分野で著名な企業である Midjourney は最近、競合会社である Stability AI の全従業員を自社のサービスの利用から無期限に除外するという大胆な決定を下しました。この思い切った措置は、Stability AI 陣営から発生したとされる不審な行為が原因で大規模な障害が発生した、今月初めの事件に続くものです。

技術的故障を背景にしたAIの対立

この事件は、大規模な技術的障害により Midjourney のサービスが中断され、その間にユーザーはギャラリーが生成した画像にアクセスできなくなったことから始まりました。 Midjourney は、この障害の原因が有料アカウントに関連する「ボットネット活動」であることをすぐに特定し、それが Stability AI の従業員に直接関係していると考えました。この告発は、後者がMidjourneyに属するデータを大規模に回復しようとしたとされる試みに関連している。

これらの疑惑の暴露は AI コミュニティに波紋を引き起こし、特に安定性 AI からの反応を引き起こしました。説明会に参加したMidjourneyユーザーのニック・セント・ピエール氏は事件の詳細を伝え、データ復旧の試みは「土曜の夜中に」発生し、Stability AIデータチームのメンバーによって指揮されたようだと述べた。

内部の対応と調査

この告発に直面して、Stability AIの最高経営責任者(CEO)エマド・モスタク氏はソーシャルネットワーク上で、疑惑の事実の調査に取り組む姿勢を確認する一方、自社がそのような行動を命令したわけではないと明言した。モスタック氏はまた、もし本当に従業員が機能停止の原因だったとしたら、それは意図的なものではなかったであろうと強調し、危害を与えることを目的とした攻撃という考えを否定した。

コラボレーションの精神で、Midjourney の創設者 David Holz は、Stability AI の内部調査に追加情報を提供しました。

AI企業間の関係に永続的な影響を与える

このエピソードを受けて、Midjourney は Stability AI の従業員を禁止しただけでなく、サービス停止を引き起こす可能性のある「積極的な自動化」に取り組んでいる企業へのアクセスを禁止することを目的とした厳格なポリシーを制定しました。この動きは、AI企業が相互作用と競争をどのように管理するかに関する重要な先例となり、生成技術の開発におけるセキュリティと倫理の重要性を強調している。

状況は進展し続けるため、この問題の状況と結果をさらに明らかにするために、両社からの詳細と回答が待たれます。この対立は、技術革新をめぐる熾烈な競争の中で、AI分野における関係者の倫理的境界と責任について根本的な疑問を引き起こしている。

A lire également  ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督『デューン 3』