OpenAI ne peut pas encore enregistrer « GPT » en tant que marque

OpenAI はまだ「GPT」を商標として登録できません。

人工知能の分野における知的財産権に関連する問題の複雑さを強調する決定の中で、米国特許商標庁 (PTO) OpenAI は用語を登録する機会を拒否した GPT (事前トレーニングされたテキスト ジェネレーター) をマークとして使用します。この決定は、技術革新を保護したいという願望と、特定の製品や技術を説明するための共通言語を維持する必要性との間に存在する緊張を明らかにしています。

PTO は次のように述べて拒否を正当化した。 GPT は人工知能業界の包括的な用語であり、OpenAI の製品のみを指すのではなく、幅広いソフトウェアを指します。 2月6日付のこの判決は、たとえ一般の人々がその正確な意味を必ずしもよく知らなくても、一般的に使用される説明用語を保存することの重要性という、商標規制の基本原則を強調している。

OpenAIは次のように主張していた GPT 消費者がその意味をすぐに理解できるほど説明的ではありませんでした。しかし、PTO は、一般大衆の知識レベルは何であるかを判断した。 GPT その分野の専門家がそれがソフトウェアのカテゴリであることを理解していると仮定すると、これは無関係でした。

生成人工知能の台頭により、この用語の使用範囲が増加しました。 GPT 製品やサービスの名前に。 GPTZero などのサービスの存在が示すように、新興企業から大企業まで、多くの人が自社の AI モデルを説明するためにこの用語を使用しています。この一般化は、この用語が業界でいかに中心的な存在になっているかを浮き彫りにします。

OpenAI は、ChatGPT とその GPT-3 および GPT-4 AI モデルの進歩で特に知られており、この用語の関連付けにおいて重要な役割を果たしました。 GPT その製品に。同社は、外部開発者が ChatGPT にアクセスできるようにすることで、この連携を強化しましたが、最近では、テキスト コンテンツ – ビデオを生成するモデルである Sora などのイノベーションにより、サービスの名前を多様化し始めています。

OpenAIの記録要求はこれが初めてではない GPT 拒絶に遭遇する。最初の失敗はすでに2023年5月に記録されていた。同社はこの決定を覆すよう商標第一審・控訴委員会に控訴することができる。

この訴訟は、知的財産権の濁流を乗り越えながらイノベーションを保護しようとする企業が直面する課題を示しています。また、企業が自社のブランドを保護する権利と、誰もが重要な説明用語を使用できるようにすることで公正な競争を確保する必要性との間でバランスをとる必要があるという問題も生じます。

A lire également  CSA は、スマート ホーム デバイス向けの IoT デバイスのセキュリティ仕様および認証プログラムを開始します。