photo d'un pabx

PABX 電話交換機: それを採用する十分な理由

新しいテクノロジーの出現によって固定電話が時代遅れになったわけではありません。そこからは遠い!今日に至るまで、その名に値するすべての企業が独自の電話回線を持っています。どの分野の活動においても、それは真剣さとプロフェッショナリズムの保証となります。しかし、この技術を使用すると問題が発生します。どの電話規格を選択すればよいですか?現在、経営者は多くのオプションを利用できますが、PABX 標準は依然としてフランスの起業家に好まれています。

PABXとは何ですか?

PBX フランス語の Private Automatic Branch eXchange または Telephone Autocommutateur の頭字語です。この頭字語は、より一般的には、さまざまな通信チャネルを使用して内部およびネットワーク外部の人々と簡単に通信できるように設計された電話交換機を指します。

歴史的に見て、最初の電話交換機の出現は真の革命として迎えられました。このシステムにより、オペレーターを介さずに誰とでも連絡を取ることが可能になります。したがって、世界中の企業内での地位を確立することに容易に成功しました。

近年、PABX 電話交換機は数多くの改良を受けています。当初は電話オペレーターが設定したインフラストラクチャに依存していましたが、現在では機能性と信頼性を得るためにワイヤレス ネットワークも使用しています。これからは、若い企業は、特定のニーズを満たすために必要に応じてカスタマイズできるシステムに頼ることができます。

PABX があなたのビジネスにもたらす利点は何ですか?

このテクノロジーに最初に興味を持った企業は、何よりも社内のコミュニケーション費用を削減することを望んでいました。 PABX 電話交換機を使用すると、無料の内線通話が保証されます。この意味で、同僚は時間制限なく一日中会話することができます。これにより、チームは全体的な効率を高めることができます。

また、その主な機能により、管理者がこのテクノロジーを特に好んでいることにも注意してください。システムが自律的に通話を管理するという事実とは別に、この構造では複数のボイスメール ボックスをセットアップできるようになります。この技術により、各部門および各マネージャーのボイスメール ボックスを開くことができるようになります。この場合、対話者がメッセージを残している限り、従業員は電話を逃すことはありません。

PABX 標準は、発信者ができるだけ早く適切な相手に連絡したり、あらゆるサービスにアクセスしたりできるようにするリアル ボイス サーバーを作成する手段も提供します。そうすることで、システムは、従業員のコミュニケーション習慣に関する貴重なデータを収集しながら、通話コストができる限り低くなるように通話を管理します (最小コスト ルーチン – LCR)。

すべてにもかかわらず、 電話交換機の利点、一部の技術者は、有線電話網に大きく依存しているという事実を指摘しています。ただし、このテクノロジーもデジタル時代への移行を迎えています。現在、ユーザーは VoIP ゲートウェイを装備してハイブリッド システムの恩恵を受けることができます。この選択により、ワイヤレス ネットワークへのアクセスにより、実際に多くの可能性が開かれます。この PABX システムでは、企業の全従業員の電子メールを同時に管理することが特に一般的です。

A lire également  職場での快適さ: フレックスオフィスの 5 つの利点