Spark Technologies における持続可能な開発の役割

今日の持続可能な開発という課題は、企業にとってまさに時間との闘いです。エコロジーとブランドイメージ、そして社会福祉の両方のために、企業は持続可能なソリューションを自社の戦略と活動に組み込む必要があります。これは、カスタム自動パッケージングを専門とする会社である Spark Technologies のケースです。同社もまた、企業のこの取り組みを実践し、支援しています。

Spark Technologies を一言で言うと

1924 年以来、オランダの会社 Spark Technologies (旧 HaDeWe) は、生活を楽にするという具体的な目標を持つ起業家のためのイノベーションとハイテク ソリューションの開発に注力してきました。同社は2014年以来、オンラインビジネス向けの自動包装機に特化しています。デジタル化によるオンライン注文の天文学的な増加と、私たちが経験したパンデミックなどの特定の危機の結果として需要が旺盛となっているため、物流業者はこれらの注文を効率的かつ迅速に、環境に配慮して梱包するソリューションを探し始めています。世界中の多くの企業が注文品を光の速さで自動的に包装できるインテリジェントな機械のおかげで、包装システムの恩恵を受けています。 スパークテクノロジーズ

持続可能な包装、これが会社の主な使命です

持続可能な開発は、Spark Technologies の 4 つの柱によって特徴付けられます。

  • プラスチックや緩衝材を使用しない持続可能なパッケージ
  • 段ボールの使用量を減らして効率化
  • 製品に合わせてボックスをカットしたり折りたたんだりするオーダーメイド商品です。
  • コストの削減と収量の増加による節約

消費者の終わりのない要求に応えるために、荷主は新しいトレンドに適応し、環境に責任のある行動をとらなければなりません。二酸化炭素排出量を削減するには、注文処理プロセスのあらゆる側面を分析する必要があります。パッケージングは​​、企業がパッケージを受け取ったときに消費者に与える第一印象であるため、持続可能なパッケージング ソリューションを通じてポジティブなイメージを伝えることが不可欠です。たとえば、「消費者の 81% は、企業が環境改善に協力すべきであると確信しています。」したがって、ブランドにはもはやその優先事項に従うという選択肢はありません。

CVP Everest、信頼性の高いソリューション

CVP Everest マシンを作成する際、Spark Technologies にはいくつかの野望がありました。それは、記録的な速さで作業を行えるオールインワン マシンの開発と、耐久性のコンセプトの一環として環境に優しいパッケージングを提供することです。自動カートン フィーダーを使用すると、内容に関係なく、機械は可能な限り最小のパッケージを設計します。これにより輸送量の調整が可能となり、配送時のCO2排出量を削減します。したがって、段ボールの使用が大幅に削減され、緩衝材も不要となり、節約と環境への配慮が強化されます。最後に、自動プロセスのおかげで、このソリューションは持続可能で環境に優しい実践の一部となり、原材料に関して不必要な廃棄物が削減され、プロセスの収量が増加します。労働要件も軽減されます。

A lire également  Cdiscount: このフランスのマーケットプレイスの完全なファイル