Stephen Dubner est optimiste quant à l'industrie du podcast

Stephen Dubner はポッドキャスト業界について楽観的です。

3月1日のオンエアフェストでの興味深いインタビューで、Freakonomics Radioでの仕事で有名なスティーブン・ダブナー氏がホットポッドのジャーナリスト、アリエル・シャピロ氏と語った。この対話は、ポッドキャスティング業界に関する視点を明らかにすることを目的としており、より深く理解できるよう専門的に改良されています。

現状について意見を求められると、ポッドキャスティング業界, ダブナーは、主題の複雑さを強調する微妙な返答を提供しました。 **「分かった、あなたはポッドキャスティングを知っていますね。経済のことも知っていますね。ポッドキャスティング業界の今の瞬間についてどう思いますか?」**、この質問が深い議論のきっかけとなりました。

ダブナー氏は、現在の状況はさまざまな角度から見ることができると説明します。本質的に、同セクターにおける最近の混乱は誇張されている可能性があると同氏は考えている。この混乱は、懸念された不況が最終的には実現しなかったことや、現実と業界の認識の両方を揺るがしたiOSの大規模な見直しなどの要因が複合的に重なったことが原因であると考えられています。これに追加されたシリーズは、大規模な買収と統合 ポッドキャスティング プラットフォーム内では、この現象は突然消え去り、業界は明らかな混乱状態に陥っています。

ダブナー氏の反応は、こうした展開からの距離を反映しており、次のことを強調している。 動じない楽観主義 現場で観察された乱気流にもかかわらず。 「私にとって良いニュースは、私は気にしていないということです」と彼は結論付け、おそらく、現在または将来にどのような課題があっても、ポッドキャスト メディアの堅牢性と回復力に対する揺るぎない信頼を示唆しています。

洞察に富んだこの会話は、嵐に面した静けさを映し出しながらも、ポッドキャスティングの世界で作用するさまざまな力を浮き彫りにしています。 On Air Fest でのこの対話は、ポッドキャスティングの将来と現在のメディア環境におけるその進化に興味があるすべての人にとって貴重な交流となることがわかります。

A lire également  インテルのチップ製造事業は昨年、70億ドルの損失を被った。